(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『創価学会」の嫌がらせを招いた民主「永田代議士」国会発言~週刊新潮7月28日号

関連エントリー


7月8日に行われた衆議院倫理選挙特別委員会でのこと。この日は与野党が提出した政治資金規正法改正案についての審議が行われたのだが、質問に立った永田氏は

「最近は公明党という党にがっかりだ。期待外れだという声が上がっている」
と述べ先ごろ行われた郵政関連法案の衆議院での判決について公明党が7月3日に行われる都議選の後にするよう図ったことを指摘した上で

「これは公明党の発言ではありませんが、もし解散するとしたら日付は10月3日以降だろうと。というのは公明党の支持団体が方々の住民票が東京都に移されている疑念があってこれを選挙区に移すには3ヶ月かかる(中略)。
これは信実だと思っていませんよ。思ってないんですけれども実際こういうことを言う人いるんです。」と発言。

その後公明党新聞や聖教新聞でも「票移動」荒唐無稽な妄言、この議員は暴言男で有名だ。

ウソならば天下にわびろと永田氏への攻撃を始めたのである。

聖教新聞が自宅に
永田氏によると
「政治資金規正法改正は日歯連事件の反省に立って行われるのが当然だから私は橋本龍太郎元首相の参考人招致を主張したのです。

ですから話の趣旨は参考人招致は参考人招致に公明党さんも協力して欲しいということ。そこで公明党は最近では政局しだけにしか興味ないみたい思われているがそれでもいいんですか、と発言するために例の発言を1例として取り上げたんですがその1部分だけを取り上げられてしまったのです」

「あの発言以来、嫌がらせに近いような行為を続いてるんですよ。まずは自宅に聖教新聞の販売員を名乗る人物が尋ねてきました。私は不在で妻が対応したのですが、いきなり聖教新聞を購読してくれと言ってきたんだそうです。でも、その家には5月に引っ越してきたばかりで何でわかったのか。妻は来月に出産を控えていて臨月の状態ですし、何かあったらいけないと思い、その後すぐに都内の議員宿舎に移らせました。」

15日には地元の議員事務所に学会幹部ら3人が抗議に訪れ、16日にも学会員らしき人物が質問状を届けにきた。

「私は16日に空けたままの自宅に泥棒が入られたらいけないと思い、夜に戻ったんですが自宅ポストに聖教新聞が2部投げ込まれておりました。ご丁寧ににも私のことを散々に書き連ねているページが表に来るようにわざわざ折りなおして入れられているんです。そもそも私は支持団体とは言っても創価学会とは言ってないんですがねえ」

「住民票移動に関しては01年に「赤旗」も報じておりますし疑念の根拠はあります」

関連エントリー

http://wilosn.blog15.fc2.com/blog-entry-78.html

http://www.komei.or.jp/news/daily/2005/0716_04.html



創価学会とは言ってない・・・ひょっとして信者さん誤爆しましたか?
スポンサーサイト
  1. 2005/07/21(木) 21:13:38|
  2. しんちょーそーかなど週刊誌ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご訪問ありがとうございます | ホーム | 嫌韓流の反応~一般レベル編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/80-b54d55e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。