(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

姉歯建築士は創価学会員

週刊新潮

ワイド か く も 「 偽 造 」 さ れ た 人 生
怪しい「成り上がり男」ヒューザー「小嶋進の正体」
 「壊れた時計」まで売り、先物取引では「全員大損」の前科。
 「夢は総理大臣」と壮語した男の「怪しい半世紀」を辿る。
「みのもんた」もあきれた小嶋社長の「銀座大豪遊」
小嶋社長を「同志」と持ち上げた「地震対策議連」自民党代議士
一家崩壊「姉歯ファミリー」は「創価学会員」だった
「キックバック要求」東京支店長が恐れる「口封じ」
「民間検査」にした元官僚は「ノーパンしゃぶしゃぶ」男
「ヒューザー倒産」で始まる「公的資金1000億円」の攻防

このところ世間を騒がせている耐震偽造問題で、一級建築士である姉歯秀次が創価学会員であることが確認された。
姉歯の家は千葉県市川市富浜にあるが、近所の人の話によると『聖教新聞』を 自宅前でご自由にどうぞなどと掲示して配布をしていた模様。

自宅の塀には選挙のたびに、公明党のポスターをベタベタ貼り付けいた。
また、創価学会のシンボルである、三色の旗を自宅に掲げるなど熱心な活動家であったということが近隣住民より披露された。

昨日の新聞報道で明らかになった、公明党参議院議員である山口那津男の秘書問題といい、この事件の根深さが必ずや暴かれるであろう。




関連記事

創価大学の就職先リストからヒューザーが消える




スポンサーサイト
  1. 2005/12/01(木) 09:43:02|
  2. しんちょーそーかなど週刊誌ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<目白台 環境を考えるでお越しいただきました | ホーム | 公明議員も国交省担当者にヒューザー仲介…偽装公表前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/607-69c7013d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。