(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麻生太郎がマスコミ受けしない理由

麻生太郎2005年10月31日外務大臣就任会見



麻生:外務大臣拝命しました麻生太郎です。えーっと、総理から渡された紙は一枚。総務のときは六枚、三枚だったからな。それに比べたら紙は一枚なんですが、書いてある内容は六項目、日米関係の強化、イラク復興、テロとの戦い。国連改革。北朝鮮の問題。プーチン大統領訪日ということを控えまして、北方領土問題等々を含めて平和条約を締結。またインド、中国、韓国、ASEANとの友好関係促進の話。WTO新ラウンド交渉を通じた貿易促進。アジア各国との経済連携協定締結等々、関係大臣と緊密な連携を図りつつ積極的に取り組まれたいと書いてありますんで、正直言って、紙は一枚ですけども、仕事の内容は広範囲かつ多岐にわたっていますので、こりゃかなり難しい話を多く抱えておるという認識でおりますので、いずれにいたしましても、日本の国益を外さないように、きちんとした対応をして参りたいと思っています。以上です。




記者:大臣、今おっしゃった中でですね、中国・韓国との政治的な摩擦に関しては
麻生:どこの社でしたっけ?
記者:朝日新聞の藤田と申します
麻生:朝日新聞の
記者:はい藤田と申します
麻生:藤田さん。はいどうぞ
記者:なかったと思うんですけれども、この4年、靖国参拝を総理がされるたびに摩擦がおきてしまうという状況がでていますが、今後外交担当者としてですね、どのように対応していこうとお考えでしょうか。
麻生:そうですね、あの基本的には日中関係っていうのはひとつのその問題以外の、たとえば経済関係、また若い人とのサブカルチャーの文化交流等々含めて、総じて日中関係というのは経済はもちろん、総じてうまくいってるんじゃないですかね。基本的には。そういった意味、そういうほうが要素が多くを占めていると、日中両国の国益を考えたときには、そこのところが一番強調されるべきところかなと思いますんで。今の話等々は色々相互に意見が違うことは確かですけれども、そういうところは話し合っていく以外に方法はありませんね。
麻生:日韓の場合は、中国とは少し違うような感じがします。こっちは民主主義・自由経済等々、日本の間と価値観の共有している部分というのは少し違うような気がしますけどね。日中と日韓とは、同じ扱いにみんなされていますけども、少し元々持っている共通の価値観というものが違うような感じが、僕はしますけど。



記者:朝日新聞の鮫島です
麻生:はい
記者:えっと…
麻生:久米島?
記者:鮫島……
麻生:鮫島。ごめん
記者:総理はですね、今回の人事で、ポスト小泉を競わせるというようなお考えを示していますが、この布陣をみてですね、麻生大臣にとってのライバルはどなただとお考えですか
麻生:マスコミかな?どうぞ次。



記者:東京新聞の西田と申しますが、ポスト小泉の関連の話が先ほど出ましたが、改革への手腕を発揮するのがなかなか難しいポストだと思うんですが、その点についてはお伺いできますか?
麻生:質問の意味がちょっとわからない
記者:改革を…ですね…
麻生:外務大臣は向かないポストといいたいわけ?
記者:なかなか改革競争するのか難しいんじゃないかと…
麻生:改革競争ね。改革競争はこの4年間やらさせていただきましたから。少なくとも出来ない出来ないといわれた三位一体(の改革)も、東京新聞じゃできないことになってましたけど、出来ましたしね。色んな意味て出来ないといったことは、だいたいこの4年の間、政調会長のとき色んな改革ってのは色々チェックできたというわけで、改革だけがといわれるんだったらあなた(記者)の希望通りになるのかもしれませんけれども、外務で即改革って言われても、そう簡単に右から左に改革できるような、国同士の話ですから、地方同士とかそういうのとはわけが違いますから、簡単な問題ではない。ご質問に対して言わせていただけりゃ、改革の内容が国内の改革というのだったら向いてないです。




麻生:どっち?先に手をあげて?前の方
記者:毎日新聞の松尾と申します。重ねてで恐縮ですが……来年9月に小泉総理が……
麻生:重ねて?同じ質問だったら止めたほうがいい
記者:おやめになったとき、大臣がポスト小泉を目指すという意欲をお持ちということでよろしいんでしょうか
麻生:そうでしょうね。




東京と朝日をぶった切ってます。これじゃマスコミ受けするわけないわな。

ただネットが発達してるので彼らが隠しておきたいものとかがじゃんじゃん溢れてくるわけなんだから、彼らの工作活動はむなしい。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/02(水) 22:40:36|
  2. 国内
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<朝鮮総連とズブズブのヤバイ議員である中野区議員 奥田けんじ | ホーム | 「植民地時代は韓国にとって祝福」…21の親日サイトを摘発 中央日報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/594-5997b0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<新内閣期待度> <最近必死な朝日新聞>

『日々日常』本サイト人気blogランキングはコチラ(以下引用)『新内閣「期待できる」51%…読売緊急調査』(読売新聞)第3次小泉改造内閣の発足を受け、読売新聞社が10月31日夜から1日にかけて実施した緊急全国世論調査(電話方式)によると、新しい内閣に....
  1. 2005/11/03(木) 07:54:29 |
  2. 『日々日常』~ブログページ

麻生太郎

麻生太郎|福岡県飯塚市|学習院大学|政治学士|麻生セメント(現:麻生)社長青年会議所|日本青年会議所会頭|外務大臣|五世高祖父(牧野の父)・大久保利通高祖父(牧野の妻の父)・三島通庸曽祖父(父方)・麻生太吉曽祖父(母方)・牧野伸顕祖父(母方)
  1. 2007/08/07(火) 09:08:43 |
  2. みやこのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。