(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内閣改造 アジア外交が心配だ  朝日

朝日新聞


内閣改造 アジア外交が心配だ

 小泉改革を継続し、残り1年の任期で総仕上げを目指す。今度の内閣改造で首相の決意はよく伝わってきた。だが、不安になるのは外交の布陣である。これでアジア外交は立て直せるのか、大きな懸念を抱かざるを得ない。

 総選挙の圧勝で、首相は余裕たっぷりの人事だった。ポスト小泉と目される人々に活躍の機会を与えると公言し、閣僚らに改革を競わせる。郵政民営化をめぐる論功行賞もある。女性も登用しよう。これだけ自在に人事権をふるえた首相がかつてあっただろうか。

 構造改革の主舞台となる経済財政諮問会議を仕切る経済財政相に、与謝野前自民党政調会長を起用。公務員改革などを担当する総務相に竹中前経済財政相をあて、谷垣財務相も留任させた。なるほど「改革続行内閣」と言いたいのだろう。


 私たちが驚いたのは外交だ。首相の靖国神社参拝で中国や韓国との関係はこじれ、アジア外交は浮遊しつづけている。その正面に立つ外相にポスト小泉候補の一人、麻生前総務相を横滑りさせた。

 麻生氏といえば、思い起こすことがある。03年、政調会長時代の講演で、日本が韓国を植民地にしていた時の創氏改名について、朝鮮の人びとが望んだかのような発言をして、韓国などの批判を浴びた。陳謝したものの「真意が伝わらなかった」と発言の撤回はしなかった。

 この夏の月刊誌のインタビューでは、もし首相になった場合、靖国参拝をするかと聞かれ、こう述べている。


 「普通にお参りします。韓国や中国にいくら言われても、泰然自若としていればいい。彼らが『これ以上、この問題を言い立ててもしょうがない』と悟って、自然に丸く収まるのが、一番理想的な形でしょう

 今後はもっと慎重な発言になるのかもしれない。だが、近隣国とのとげとげしい関係を修復する役回りにふさわしい人選とは思えない。

 もうひとりのポスト小泉候補、安倍前幹事長代理は官房長官になった。

 最初の記者会見で、自らの靖国参拝について「国民のひとりとして、政治家として参拝してきた。今までの気持ちをこのまま持ち続けたい」と、今後も参拝を続ける可能性を示した。

 小泉政権でも、外交的な配慮から歴代の外相と官房長官は参拝を控えてきた。新内閣では3人がそろって参拝するということなのだろうか。


 その一方で、この人事からはずれたポスト小泉候補がいる。中国との関係を重視し、首相の靖国参拝に批判的だった福田元官房長官だ。

 靖国問題で譲る気はない。関係修復はそのことを前提に考えましょう――。今回の布陣から、中韓などが首相の意図をそう読み取ったとしても無理はない。

 国内では改革継続の旗を振り、アジア外交の停滞には目をつぶり続ける。この小泉路線があと1年続く。その痛手の深さが心配である。




内閣の心配するより自分の会社の体質から来る後遺症の心配するほうがいいのでは?


社説:小泉改造内閣 「郵政」論功に安住するな 毎日


読む必要ありません

第3次小泉改造内閣と向こう1年間の党務を担当する自民党三役の新布陣が31日スタートした。

 小泉純一郎首相が得意とした「女性、若さ、民間人」をキーワードとするサプライズ人事はすっかり影を潜めた。

 半面、郵政民営化法の審議で尽力した郵政族を登用するなど、論功行賞色の起用が目に付く。党三役も森、山崎、旧橋本3派に振り分けられた。いずれも小泉首相に近い派閥であり、人材だ。派閥は衰退傾向にあるが、「自民党をぶっ壊す」と公言してきた小泉首相でも、人事では配慮すべき要因の一つになっているようだ。

 来年9月で小泉首相の自民党総裁としての任期は終わる。首相はその時点での退陣を公言している。それだけに、今回の布陣で郵政民営化に続く三位一体改革、政府系金融機関の統合、公務員削減などを柱とする「小泉改革」を仕上げなくてはならない。いずれも既得権益を死守しようとする「霞が関官僚」との対決となる。

 急務である財政再建、少子高齢社会に対応した年金、医療保険制度改革もこれから正念場を迎える。小泉首相は「改革続行内閣」と自ら命名した。その気概があるなら、改革の具体像を早々に提示すべきではないか。

 小泉政権での経済政策は、海外では高い評価を得ている。グローバル化に対応するため規制緩和を進め、日本経済の効率性を高めたことが大きい。今後も改革路線をまい進すべきだ。直接の担当者でもある竹中平蔵総務相、与謝野馨金融・経済財政担当相、谷垣禎一財務相の布陣は手堅い。

 その一方で、小泉首相の靖国神社参拝問題で暗礁に乗り上げている近隣外交の先行きは不透明状態が続きそうだ。麻生太郎外相、安倍晋三官房長官はいずれも親米路線を優先させている。しかも、参拝問題では小泉首相に同調している。今後も対中国、対韓国関係は楽観を許されないだろう。

 今回の人事でポスト小泉レースは始まった。登用が見送られた福田康夫元官房長官とは対照的に、谷垣財務相、麻生外相、安倍官房長官は重用された。中でも党三役を経験済みの麻生外相と安倍官房長官の厚遇は、後継レースにも少なからず影響を与えることになるだろう。

 小泉政権は任期を全うすると、戦後では歴代3位の長期政権になる。1位の佐藤栄作首相も2位の吉田茂首相も、政権末期にはレームダック化が顕著だった。政府と党の要に安倍官房長官、武部勤幹事長を配した人事は、政権末期症状を防ぐ布石と受け取れる。

 小泉政権は「官から民に」「小さな政府」を合言葉に、配分のみを重視した旧来の自民党政治を大きく変化させた。

 だが、改革はまだまだ緒についた状態だ。「小泉改革」の継承を次期政権の必須要件に挙げている以上、改革への道筋は小泉政権でしっかりと付けなくてはならない。郵政民営化が実現したからといって、「郵政虚脱症」に陥る暇はないはずだ。

毎日新聞 2005年11月1日 0時02分




他の新聞読んだんですが大して面白くなかったのでこれでストップ。

mumurさんが鋭い指摘されています。

やはり視点が鋭いですね。うらやましい限りです。普通にこの部分スルーしてしまいましたよ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/01(火) 09:14:35|
  2. 国内
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<創価大学受験します。 | ホーム | 公明、創価板になぜか顕正会スレが立つ>>

コメント

医療保険・がん保険

医療保険・がん保険の詳しい資料のご請求は「ほけんの窓口」で。
FPによる無料電話相談を実施しています!ぜひご利用ください。
ご来訪お待ちしております。
  1. 2007/10/31(水) 09:00:32 |
  2. URL |
  3. 医療保険・がん保険 #LQaH1lOM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/590-1888a8aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

?ī??Τ褦?

こんにちわ、super_xです。想定内というか、ここまで予想通りだと…うれしくなってきますね。純ちゃんの、第3次内閣改造人事で…全国紙の社説は、賑っている様子。産経は、ホンとに期待しているんだろう。第2社説まで、ぶち抜いて、絶賛している。読売も、いつもの第1社説の
  1. 2005/11/01(火) 14:39:20 |
  2. SUPER-X.COM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。