(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「未来の首相」への布石!? クルマ乗り換え、“超お忍び”モードで

「創価学会の城下町」として知られる東京・信濃町。10月26日の午前10時前、1台の黒いワンボックスカーが、建ち並ぶ学会関連施設のひとつ、「創価学会本部別館」へと滑り込んだ。約30分後、同じ車が施設の地下駐車場から再び出てきた。スモークガラス越しに、あの見慣れたヘアスタイルの、ぽっちゃりした男性の姿が微かに見える。“ホリエモン”こと、ライブドア社長の堀江貴文氏(32)だった。

 学会関係者との“城下町”での密会をよほど察知されたくなかったのか、堀江氏はこの日、“超お忍び”モードで信濃町を訪れていた。

 たとえば、この日彼が乗っていたのは、いつもの黒いベンツではなかった。その代わり、少なくとも本誌はこれまで乗っている場面を見たことのない、ワンボックスカーに乗り換えていたほどだ。

 本誌は学会訪問後の堀江氏に対し直撃取材を試みた。だがこの日の堀江氏は、10月21日号で本誌に酔っ払い姿を見せたときのような様子はなく、カメラに対し車内でも顔を覆い隠そうとしていたほど(写真)。結局、学会の誰と会い、どんな話をしてきたのか、堀江氏の肉声を聞くことはできなかった。

・・・・・・・・・

「選挙のとき、自民党幹部から学会の関係者を紹介してもらい、広島で挨拶をすませたといわれています。現に選挙戦が終盤に入ると、街頭演説で堀江氏は『比例は公明へ』などと叫んでいましたね」(全国紙政治部記者)

・・・・・・・・・・


 そこで、真相をライブドア広報部に確認したところ、「何もお答えすることはない」という回答だった。一方の創価学会広報室は、堀江氏のほうから連絡が来たとした上で、「広報担当者が応対しました。目的と内容は、ライブドアの営業のご挨拶でした」とのこと。

 総選挙の前後には、「首相を目指す」と豪気な発言もしていたホリエモン。“信濃町の密会”は、小泉首相にならって学会とのパイプを太くしておこうという、「大いなる野望」への第一歩・・・・なのかもしれない。



創価学会ウォッチ

ハードゲイが表紙になってるやつです。

あちらではいくつかはしょってますが、選挙活動のときに層化の組織力を目の当たりにしてすごいと言っていたそうな。

でもフライデーのカメラマン、よく信濃町で写真撮れたな。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/29(土) 22:18:02|
  2. しんちょーそーかなど週刊誌ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10/24(月) のテレビタックルで創価学会を批判をした模様。 | ホーム | 在日無年金訴訟:「何みとんや」廷内騒然 在日コリアン、吠える /大阪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/582-4621a45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。