(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

在日無年金訴訟:「何みとんや」廷内騒然 在日コリアン、吠える /大阪

◇2審も敗訴

 大阪高裁で27日言い渡された在日障害者無年金訴訟の控訴審判決。京都府に年金支給を申し立ててから早くも8年がたつ。在日コリアンたちの訴えに対し、同高裁はいわゆる「立法裁量論」を根拠に請求を棄却した。

 「本件各控訴をいずれも棄却する」。主文が読み上げられると、「何みとんや」との怒声が飛んだ。国際人権規約、憲法……。裁判所が示す法解釈に対し傍聴席からは「実態を見ろ」「恥を知れ」などの声が投げつけられ、廷内は騒然とした。

 棄却の根拠は、社会保障の適用範囲は立法府に広範な裁量があり、明らかな逸脱でない限り、違憲、違法とならないなどとする「立法裁量論」だった。個々の結論がこの言葉に帰結する度に、支援者の間からは「やっぱりな」と言わんばかりの失笑すら漏れた。

 判決後、原告団長の金洙栄さん(53)=京都市=らが記者会見した。不況で勤務先の会社が倒産。今年6月にやっと駐車場の誘導係の仕事を得た。厳しい生活の中で自らを奮い立たせ、原告たちを励ましてきた金さんは、目に涙を浮かべて言った。「これからどうしていいのか……」。

 伊山正和弁護士が「規約人権委の見解に効力を認めないという国際的に批判を受ける判決」と批判した後、訴訟を支援する仲尾宏・京都造形芸術大客員教授は「何のために国際人権規約や難民条約を批准したのか。司法の卑きょうが腹立たしい」と怒りをあらわにした。【中村一成

毎日新聞 2005年10月28日





在日の実態知ったら困るのは自分たちでないの?


あと中村一成という記者、かなりの電波少年です。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/29(土) 22:08:06|
  2. 国内
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<「未来の首相」への布石!? クルマ乗り換え、“超お忍び”モードで | ホーム | 本を出します 人権擁護法案を危惧する国民協議会 人権擁護法案を考える市民の会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/581-c85e0430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

在日無年金訴訟 「何みとんや」廷内騒然

在日無年金訴訟:「何みとんや」廷内騒然 在日コリアン、高裁判決に怒り「大阪高裁で27日言い渡された在日障害者無年金訴訟の控訴審判決。京都府に年金支給を申し立ててから早くも8年がたつ。在日コリアンたちの訴えに対し、同高裁はいわゆる「立法裁量論」を根拠に請..
  1. 2005/10/30(日) 22:14:48 |
  2. 水谷まちこのSPAM大好き!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。