(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウリは小泉批判に疲れたニダ

首相靖国参拝 韓国 批判疲れ“正論”も登場 「中国と立場違う」

 【ソウル=黒田勝弘】小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題で韓国に冷静さが出ている。
大統領官邸は年末の定期首脳会談について「再検討も」といい、外交通商省も外相の
訪日計画延期の姿勢を明らかにしているが、北朝鮮をめぐる六カ国協議など「他の外交案件
とは分けて日本との協力関係はこれまで通り維持する」(潘基文外相)方針を確認している。

                   ◇

 世論も比較的静かで、反日デモなどはほとんど見られない。対日外交ではいつも
強硬論で世論をあおるマスコミも冷静な議論が目立つ。

 反日では常に足並みをそろえる新聞論調も今回、最有力紙の朝鮮日報が社説では取り上げ
なかったほか、韓国日報の社説は「A級戦犯問題は、植民地支配ではない戦争と直結した
問題だ」として「韓国は靖国問題では中国に比べ発言権が落ちる」と述べている。

 靖国問題で韓国は中国とは歴史的に立場が異なるはずという、事実を踏まえた
“正論”が韓国マスコミに登場したのは初めてといっていい。

 この社説は「政府間の関係冷却とは別に両国民の交流は活発だ。したがって関係冷却化に
心理的な不都合さや経済的負担を感じる声も少なくない。国民に配慮した外交が求められる。
無理して強硬路線にこだわるべきではない」と主張している。

 また「過剰反応する必要はない」とし、小泉首相に対し「(靖国参拝と同じように)対韓ビザ
免除や自由貿易協定締結などでも政治的決断力を」(中央日報)という注文のつけ方もある。

 こうした比較的静かな対応の背景には、韓国世論の“靖国疲れ”ないし“小泉疲れ”といった
心理がある(日韓関係筋)。

 韓国では一般国民はもともと靖国問題にはそれほど関心は強くない。また慰霊行為としての
靖国参拝にも本音としてはそれほど拒否感はない。したがってマスコミや政府が扇動的に
非難を展開しない限り反日が盛り上がることはない。


 小泉首相の場合、批判・非難を覚悟で公約として年一回の参拝を実行し続けてきた。今回は
五回目である。いくら反対や抗議をしてもいわばどうしようもないという結果になっているからだ。

 しかも日本の首相が日本で靖国神社に参拝したからといって、韓国に何か現実的な被害や
損害があるわけではない。その結果、「(靖国参拝は)日本にとってもプラスにならないだけでなく
国際的孤立を招くだろう」(大統領スポークスマン)というように「日本のことを考えてやっているのだ」
といったポーズになっている。


 したがってマスコミなどにはこの問題で批判疲れというか、ある種の“徒労感”が感じられる。

 一般国民にも「神社」というきわめて日本的なモノにかかわる問題なためどこか
「日本の国内問題」として距離感が出ているようにみえる。



産経

http://www.sankei.co.jp/databox/n_korea/nkorea_41_1.htm

産経最高。


ただひとつ

韓国は国際社会から孤立しているような気がするんだけど。

少しは中国共産党も見習ったらどうだ?
スポンサーサイト
  1. 2005/10/25(火) 00:15:12|
  2. 朝鮮半島ニュース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<創価学会「“カリスマ会長”(2代目・戸田城聖氏)が遺した『戦争加担文書』騒動 フライデー | ホーム | ■過激性教育、自民が事例集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/572-f38d0b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アジア諸国の反対?特定アジアさえとうとうこんな感じに…

最近ネット上で熱い視線を集めている(と、私が勝手に思っている)新聞社があります。その名も「東海新聞」名古屋人すげ~さすが次の首都を狙うだけある(名古屋はええよやっとかめ)。とか思っていたら、岩手のローカル新聞でした。ローカル新聞すげー!~引用開始~世迷言☆★
  1. 2005/10/25(火) 22:15:38 |
  2. ニッポンのこれから

<厚顔無恥な相手にはどう対処するべきか>

『日々日常』本サイト↓韓国にいい加減にしてほしいと思う方、ポツっとやって下さい『「靖国参拝続けば、韓日両国の友好増進はない」』(以下引用)政府が潘基文(パン・ギムン)外交部長官の訪日を決定したのは、事実上の「最後通牒」を伝えるためと見られる。....
  1. 2005/10/26(水) 16:53:20 |
  2. 『日々日常』~ブログページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。