(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【台湾】「日本によって65万人が犠牲」…だが台湾人は「習った記憶がない」?

1 :諸君、私はニュースが好きだφ ★ :2005/09/29(木) 14:36:39 ID:???0
 あまり注目されなかったが、中国の胡錦濤(こきんとう)国家主席は、
9月3日の演説で気になることを言っている。例の「抗日戦勝60周年
記念」の演説だ。
 胡氏は「抗日戦争の主役が国民党軍、脇役が共産党軍」という新しい
歴史解釈を述べ、さらに続けた。
 「日本が台湾を侵略占拠していた50年間、台湾同胞は絶えず反抗し、
65万人が犠牲となった」

 65万人--毎年1万2000人づつ台湾の人を殺した計算になるのだが。
 大江志乃夫著「日本植民地探訪」(新潮選書)は、初期の「台湾征服
戦争」による台湾側の死者を1万7000人、その後の「匪賊討伐」などで
1万1946人(死刑を含む)と推定している。また、先住民の反乱「霧社
(むしゃ)事件」では、644人が死亡したという。
 だが、植民統治を通じた犠牲者の総数は見あたらない。まだ研究が
十分に進んでいない。
 65万について、台湾の知人は「学校で習った記憶はない」という。台湾の
公式数字ではなさそうだ。だが胡主席の公式発言だから、少なくとも中国では
65万が定説となったに違いない。
 数字だけではない。「大陸は抗日戦争。台湾は抗日闘争。共に日本と
戦った」という論理にも意味がある。
 かつて日本の「皇民」だった台湾の人々(本省人)は、一貫して植民統治
と戦っていたというのだ。「抗日」史観で大陸と台湾は結びついているのだから、
台湾独立はありえない。
 「高砂族の霊を返せ」とタイヤル族の民族衣装で靖国神社に乗り込んで
きた台湾の女性がいた。女優で立法委員(国会議員)の高金素梅(こうきん
そばい)さんだ。(中略)
 日本の植民統治に謝罪を求める台湾の運動は、胡演説の歴史認識と裏表だ。
 素梅さんは、母は先住民族だが、父は安徽(あんき)省籍の漢民族で、
心情的には中国に近いという。素梅さんはこれから北京の民族大学に
留学する。中国の少数民族理論を仕入れて戻ってきたら、台湾でも65万説
が広がるのだろうか。
ソース(毎日新聞・早い話が、論説委員・金子秀敏氏)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050929k0000e070070000c.html




台湾もわれわれと日本と戦った同志であるといいながら高圧的な態度で迫る支那
スポンサーサイト
  1. 2005/09/29(木) 17:00:32|
  2. シナちく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小泉首相の靖国参拝は違憲…大阪高裁が高裁初判断 | ホーム | メールに絵文字を入れない男には返事しない >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/524-25c76b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。