(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

偏向マスコミは報道しない小泉政権の3年間の成果

偏向マスコミは報道しない小泉政権の3年間の成果



ADON-K@戯れ言

工作員に煽られたら↓貼るべし。小泉政権の功績

・構造改革特区導入により、「海水温度差発電」の開発が20年ぶりに動き出す。 いろいろ問題はあるけど。
 同じく、死者すら出した、「どぶろく」を利用した「どぶろく特区」があっさり許可。 他多数の特区誕生。
・外政で安心感を見せたので、日本に信頼が高まり技術確保も兼ねて日本本国に最先端技術の機能を各企業が戻し、雇用増加。
・ハンセン病控訴断念
長年、中国による対日外交圧力カードにされていた靖国参拝を事実上の無効化
・ハンナンへ捜査のメスを入れるように指示、命がけで部落利権へ大きく切り込む→西日本以西では革命同然
・田中マキコを利用して鈴木宗男を葬る
・野中、宮沢、中曽根など、自民党を牛耳る老害議員を事実上強制的に引退に追い込む。
・瀋陽事件に絡み、外務省刷新。
・フセイン拘束直前に自衛隊派遣を決断、高く評価される
「竹島は日本のものですけどね」と発言
・イランの油田権益獲得に成功
北支援を表明しておきながら、北からのコメ支援要請を蹴ってトウモロコシに。 入札制度が整わないからと引き伸ばしに引き伸ばす(渡す気ゼロ)
・東シナ海の海底資源試掘提言
・ロシアからのパイプライン計画を中国から競り取る。プーチンと仲良くしたからか。
・自衛隊は「最も歓迎されている軍隊」という評価をイラク暫定大統領から取り付ける
・G8サミットは、北朝鮮に核の完全放棄を求めることで一致。(→その最中に北朝鮮が日朝正常化の条件である核凍結の約束を破る、テポドン2エンジン燃焼実験のニュースが流れる)
・二国間の問題になりかけていた拉致問題を国際的な人道的問題として各国の支持を取り付け、解決を目指すようG8サミット議長声明に盛り込ませることに成功。
・G8個別首脳会談で、プーチン(領土問題)・シラク(相撲)・シュレーダー(国連改革)の早期の訪日を取り付ける。特にシュレーダーとは、日独の安保理常任理事国入りを目指した協力が得られそうだ。
・G8サミット席上で、国連安保理常任理事国入りの件で「日本は国連常任理事国に入るべき」とブッシュが支持発言。
・G8サミットで、領土問題の件でプーチンから平和条約を視野に入れた北方領土問題解決の言質を取る。
(しかも「来年度」と期限がついて実務者レベルでの調整する道筋も付けている)
・地方交付税交付金削減
・メビサちゃんを総理の政治判断により在留一年延長。
(外国人の特例的在留延長には、総理大臣の政治決断という高いハードルを越えなければ執行不可能という前例を作った)
来年から年金は4兆7000億円の赤字に転落するはずだった年金財政を回避させるため、民主党の牛歩妨害をはねのけて5年間の時限法である年金改革案を成立させた。
・歴代日本政府として、初めて拉致の実在を認める。対半島タブーに挑み、半島擁護に傾倒しすぎているマスコミと最終対決中
北朝鮮への圧力から北朝鮮砂利利権を除く全ての北朝鮮利権を叩き潰した
「拉致疑惑」が疑惑ではなく、実在したことを明るみに
あまつさえ、これまで数百万トンの支援をしても帰ってこなかった拉致被害者を奪還したうえ、偶然起きた列車事故の人道支援にかこつけて拉致家族を奪還。

支援する前にジェンキンス氏ら曽我一家も奪取。
それでもまだ先延ばしに先伸ばして第一陣は10月で、さらに「分割」。北は台風で凶作なので、全部貰う為に、さらに日本に譲歩しなければならない。1枚の「人道支援カード」が数枚に増殖。
挙句の果てに北朝鮮への事実上の経済制裁発動となる入港禁止法は目くらましで真打ちは一般船舶油濁賠償保障法という鬼手ぶり。
 ★一般船舶油濁賠償保障法 http://www.startingweb.com/bbs.cgi?job=view&bbsid=3842&mid=6307
・来年3月から日本に入港する100トン以上のすべての船に適用
・油漏れに関する保険がないとダメ 保険には船級という格付けを貰わないといけない
・船級を与えられるのは英国法に基づいて認定された会員国準会員国のみ
・韓国や中国も与えられる事は与えられるのだが、加盟国が他国に恣意的に与えると、船級与える協会から 即日追放に。最低でも50年は復帰できない。
・そもそも、艦齢が15年とか30年以内でないと船級もらえないとかあるので、北の船の90%は、まず絶望的。
・で、北が政治的圧力を掛けても、すでに英国法の運用にだけ任されたので知ったこっちゃないし、官庁をたらいまわしにされるだけ。
諦めて外貨を吐き出さない限り、日本には入れない。経済制裁せずして自動的に制裁。 有事法制を成立させ、有事対応を真剣に考える実質的国民安全保障への道を開いた。
郵政民営化法案



mumurさんも小泉さんはなんかたくらんでると言ってたが・・・まさにこのことだったのか・・・・特に同和利権。

人権擁護法案も実はソンテチャク擁護法案ではなくて同和利権がらみなのではないかとログさんのブログで読んだことがある。

もしこれが本当なら対北関連ではよくやってるほうじゃないんだろうか?

同和利権とは何ぞや

時事砲丸から引用


■同和利権
この言葉が表だって使われる様になったのは、宝島社のムック『同和利権の真相』が出版されてからだろう。当然のごとくこの問題は昨日今日降って沸いた様なものでは無く、長く同和問題の背後に潜んでいた物なのだが、これが近年になるまで表立って語られなかった事は、同和問題の難しさを如実に語っている。

■利権の構図
そもそも同和利権とは何か?細かい部分を省き、最たる物のみを語るならばそれは、同和対策事業特別措置法(同特法)を初めとする同和行政における公金の横領に他ならない。さてこの問題が表に出てきてからしばらくは部落解放同盟も静観を決め込んでいたが、出版された本の反響が多いと知るや、反論を行っている。とは言っても、公金の横領を否定したのでは無く、個人の問題を解放同盟全体の問題として語るな。と言う反論であった。これはつまり、同和行政における公金を横領した人間が同和内に存在した事は認めていると言うことであった。

■もう一方の利権
もう一つの大きな利権。それは食肉、精肉業界とそれを取り巻く行政の中に存在した。以前、被差別部落民が精肉、皮革業を生業としている事から、「四つ足」と呼ばれる事もあったと書いたが、現在においても同和の人々の主な就職先は精肉、皮革業界であり、その中でも最も大きな力を手中に収めていたのが最近逮捕された食肉の王「浅田満」だ。もっともこの浅田の逮捕も奇妙な動きを見せている。彼が捕まる原因となったのは、BSE騒動時における国の牛肉買い上げ政策を利用し米国産牛肉を国産と偽り国に買い上げさせたのだ。この件はすぐに表沙汰となり、捜査線上に浅田の存在も上がったにも関わらず、彼は逮捕されなかった。また国会においてもこの件に関して質問をしたのは共産党の某議員ただ一人で、某議員は質問後、自民党議員に「こんな勇気ある質問は出来るのは共産党さんだけ。頑張って欲しい」と声を掛けられたと言う。これが意味するところは、政治の世界にも同和の力は入り込み、同和の利益を確保する為に活動していると言うことだ。が、それでも浅田は逮捕された。それはつまり浅田、いや同和利権の守り手の一人が政治の世界で力を失った事を意味している。その人物こそ野中広務その人であった。浅田満の逮捕は小泉および公明党の野中追撃戦とも言われている。

■総論
国会で名前を出すことすらタブー視される同和問題。それはすなわち、犯罪行為すれすれの行為を行っても咎められないと言うことである。確かに彼らが差別された事実は、狭山事件を例に出すまでも無く事実だが、現在においては差別された過去を利用し、公金を食い物にしている、これもまた事実である。また、集団の力、暴力でもって己の身を守ってきた過去は、「同和問題は面倒だからあまり逆らわない様にしよう」と言う感覚を生み出し、「えせ同和」と言う犯罪まで生み出すに至った。当然のことだが差別はいけない。だが、差別された過去を利用する姿勢もまた卑怯な行いであろうと思う。




人権擁護法案、再考。


こちらのブログで名前が挙がってるのは

解同の組坂氏や解同出身の松岡とおる議員、そして古賀誠

古賀も松岡も福岡出身

では部落とは何ぞや

部落開放同盟ホームページから引用

とりわけ、被差別部落(同和地区)の出身であることを理由に行なわれる差別が部落差別です。被差別部落の原点は、日本の封建社会において、政治、社会等の諸要因によって形成されてきた身分制度のもとで、他の身分と分離させられ、衣・職・住等あらゆる生活面で厳しい状態におかれてきた地域であります。
 これらの地域を出発点としながら、その後の社会体制の影響を受け、今日まで差別的状態が続いている地域が被差別部落です。
 このように、歴史的、社会的に形成されてきた被差別部落に生まれ、育ったという理由だけで、人間として当然受けるべき権利を長い間奪われ続けてきた問題が、部落問題といわれるものです



えた、ひにんなどが主な人間です。

おそらくこの中に朝鮮人がらみもあるのではないでしょうか?

ここからいろいろコピペします

部落開放同盟との関係が密接すぎる。

部落開放同盟については検索すればこれでもかってくらい出てきます。特に八鹿高校事件なんかはネットでは有名ですね。
教育現場への介入を発端として八鹿高校の教員への凄まじいリンチは人権ヤクザそのものです。

民主党はその部落開放同盟と密接に繋がっており、松本龍議員、松岡透議員は部落開放同盟の重役です。

ためしに民主党のHPを見てください。ちゃんと部落開放同盟のHPへのリンクがありますよ。
で、その部落開放同盟のHPには松岡透議員のHPへのバナーがあると・・・




八鹿高校事件

1974年、兵庫県八鹿町(現養父市)の八鹿高等学校の職員が体育館に監禁され、暴行を受けるという事件が起こった。この事件により、48名が2ヶ月から1週間のけがを負った。事件の背景には学校公認の部落問題研究部が分裂し、新しく作られた部落解放同盟の支持する研究部を共産党系の教職員が中心となり非公認としたため(共産党は全国部落解放運動連合会を支持)、両者が対立したことにある。1990年、一連の事件により部落解放同盟のメンバー13名の有罪が確定した。

この事件の特徴的な点は報道機関の対応であり、主要な新聞はこの事件について記事を小さく載せたのみであったということである。部落解放同盟と対立していた共産党の機関紙『赤旗』は連日のように事件を大きく報道した。

かつて問題となった所得格差やインフラ整備の遅れ、進学率の違いは住宅改善事業などの同和対策事業により指定地区ではほぼ解消された。しかし身元調査が行われている事を背景に、過去に被差別部落の闇リストなどが会社の人事担当などに流通する事件がたびたび起ってきた。 結婚や就職、地域交流に関わる差別は当事者の判断にかかる事柄であり差別事象は多い。また、部落問題に取り組む団体による汚職が起きたり、団体同士の対立によるトラブルなど、違った種類の問題が表面化している。



娘通信♪さんがよくまとまってます。




エセ同和行為の源流
スポンサーサイト
  1. 2005/09/18(日) 21:56:23|
  2. 国内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TBS史上最悪の大失敗番組『DOORS』今日放送。岡村「ナイナイの汚点」 | ホーム | (速報)秋葉原ソフマップ14号店でヲタ同士による傷害事件発生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/489-fb1952a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。