(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

慎太郎吠えた!!「憲法無視してでもテロ潰す」

慎太郎吠えた!!「憲法無視してでもテロ潰す」

「既存の法律は役に立たない」


 憲法を無視してでも、首都を守る-。東京都の石原慎太郎知事(72)=写真=は8日の定例会見で、ロンドン同時テロを受け、テロと徹底対決する強い決意を表明した。国際テロ組織「アル・カイーダ」系組織は2年前に東京を標的として名指しで攻撃予告したこともあり、危機感をつのらせている。

 慎太郎知事はまず、ロンドンのテロに触れ、「これがアル・カイーダと関係があるのかないのか。中心メンバーの中近東の人たちはヨーロッパではたくさん見られるわけだけど、日本の場合はちょっと状況が違う」とした上で、日本独自の事情をこう憂慮した。

 「(北朝鮮による)拉致事件のように、日本人によく似た東洋系のテロリストが入ってくれば、非常に識別しにくい。決して日本はヨーロッパに比べて安全だというわけにはいかない。現に、状況証拠から言うと、150人近い日本人が拉致されて帰ってこないわけだから」

 東京に対しては、2003年11月にアル・カイーダのスポークスマンを名乗る人物が、アラブ圏の週刊誌を通じ、「日本から最初の兵士がイラク入りした瞬間、アル・カイーダは東京の心臓部を攻撃する」と、警告。また米中枢同時テロの容疑者グループが所有していたパソコンから新幹線や浅草寺を撮影したファイルも押収されている。


新幹線の改札口を警備する警察官=JR東京駅
 迫りくる首都の危機に、慎太郎知事は、「天然痘の病原菌が散布されたことを想定してシミュレーションをやったら、既存の法律は全部役に立たなかった」と平和ボケした日本の法制を非難。こう続けた。

 「人権なんてものを偏重すれば、天然痘は潜伏期間が非常に長いから、特定の電車に乗った人の人名を発表するな、なんてことになると、どんどん蔓延(まんえん)する。だから、場合によっては憲法の基本条項を無視して、情報は徹底して知らせる。人身も拘束するというようなことをしないと。爆発の場合は瞬間にして終わってしまうことだから、未然に防ぐのは非常に難しいと思う

 米同時中枢テロの際は、ワシントンに滞在し、身近にテロの恐怖を感じた慎太郎知事だけに、対策の重要性を熟知。ロンドンのテロ発生直後の7日夜から、都は4段階に分けた災害対応態勢レベルを下から2番目に上げ、警視庁や陸上自衛隊などから情報を収集。都営地下鉄や都営バスの警戒を強化している。

 会見では作家らしい世界観も飛び出した。近未来の世界的な文明対立を描いたハーバード大のサミュエル・ハンチントン教授による大著『文明の衝突』を引き合いに出し、こう話した。

 「ヨーロッパは、中近東を含めてアフリカでも勝手なことをしてきた。日本だって、いろんな非難の対象にアジアでなっていると思う。戦争の後に日本がカバーしてきたアジアは、経済的にもどんどん繁栄してきたし、非常に大きな潜在能力を示してきた(後略)」

 日本人も浮かれていないで、事態をよく把握せよ、との戒めか。

ZAKZAK 2005/07/09



まあ!なんとも勇ましい慎太郎様!

ZAKZAK=フジサンケイグループなんでこういうネタ好きそうだな~

ついこの間、フランス語冒涜事件を起こしたばっかりだが今の日本にとってはとても力強く聞こえてしまう。

この人が国のトップになったら間違いなく軍事路線に走るだろうな~そしたら中国韓国が騒ぎ出して・・・・

でもなぜ日本がここまで奴らにコケにされなければいけないのかというとやはり軍事力の面が大きくモノをいってるんじゃないかな~。

でも日本の軍隊って決して無能というわけじゃない。

何が問題かというと

憲法9条

これだと思うんですよ。

これの解釈はいろいろあって学者レベルでもまだやってる。
一応アップしておくと

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



ぱっと見た感じ自衛隊の存在と憲法9条の条文って矛盾しているように見えませんか?

でもまあ実際存在してるんだからなんとも言えないよね。

もし戦争とか起こったらこの9条ないがしろになりそうな気がする。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/15(金) 21:27:58|
  2. 国内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とても面白そうな漫画 | ホーム | うちにもやってきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/47-25e3bef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。