(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国民の民意

救う会メールニュース

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2005.09.13)

■当選者の3分の2以上が早期経済制裁に賛成

 家族会・救う会では、総選挙全立候補者へのアンケート調査を行なったが、投
票結果を受けて、当選者の集計を改めて行い、本9月13日記者会見で公表した。
その結果、当選者の3分の2以上に当たる66.9%が経済制裁の早期発動に賛
成していることが分かった。民意の反映である新当選者の意思を重く受け止め、
政府が制裁を決断することが期待される。

 なお、各当選者のアンケート結果は、救う会ホームページに掲載されている。

 会見参加者は以下の通り。家族会=横田滋・早紀江代表夫妻、飯塚繁雄副代表、
増元照明事務局長、救う会=佐藤勝巳会長、西岡力常任副会長、平田隆太郎事務
局長。

 会見にあたり、家族会・救う会では、声明を発表した。以下はその全文である。


■家族会・救う会声明

総選挙で明らかになった民意は「制裁早期発動」

 家族会・救う会は今般の総選挙にあたり立候補者へのアンケートを実施した。
多くの国民が、そのアンケートへの回答を参考に支持を決めて下さったことに感
謝したい。

 本日は当選者がアンケートにどう答えたのかを集計した。当選者回答率75%
で、回答者中「拉致被害者救出のための経済制裁早期発動」に賛成が67%(立
候補者集計45%,以下同)、反対が1%(5%)、その他が32%(50%)
という結果だった。賛成者が立候補者の回答に比べて22%増えている。これは
多くの国民が経済制裁発動に賛成した候補者に支持を集めた証拠である。なお、
その他と回答した中に、実質的には制裁発動に賛成する意見もかなりあった。

 政党別賛成率は、与党である自民党73%、公明党 37%、野党である民主
党68%、共産党0%、社民0%、国民50%、日本0%、大地0%、無所属7
5%であった。

 回答者の3分の2以上が経済制裁発動に賛成している。今回大勝した自民党当
選者は全体の平均よりも6%多く73%が賛成している。この結果は国民が示し
た重い民意である。

 周知の通り、昨年12月24日、小泉政権は「北朝鮮側が迅速かつ誠意ある対
応をしない場合、日本政府として、厳しい対応を取らざるを得ない」(細田官房
長官)と制裁を予告したが、それから8か月以上経っても制裁は発動されていな
い。

 私たちは、日本が単独制裁を発動して拉致被害者全てを取り戻すという不退転
の国家意思を示すことを切望し続けている。

 拉致問題は主権侵害であり被害者の命がかかっている緊急課題だ。当選者にお
かれては選挙戦で表明した「制裁発動すべき」という所信を実現するため全力を
尽くしていただきたい。また、小泉首相は選挙で明らかになった民意に真摯に耳
を傾け、制裁早期発動を決断していただきたい。

平成17年9月13日
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表 横田 滋
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長 佐藤勝巳


    以上
 ※小泉首相宛、はがき・メールを!(〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内
閣総理大臣 小泉純一郎殿、首相官邸のホームページ=
http://www.kantei.go.jp/の右下の「ご意見募集」欄を利用)




これはかなりの収穫といえば収穫か。

少なくとも自分はここを前面に押し出した改革をやってほしい。強い日本を見せてほしい。

これは、郵政選挙ではない。広島6区と静岡7区の意味
スポンサーサイト
  1. 2005/09/13(火) 20:21:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<国連分担金、日本が引き下げ要求へ | ホーム | ペ・ヨンジュン『四月の雪』、台湾興行は不振>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/456-61911f55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いつまで置き去り?北朝鮮拉致問題

6カ国協議が再開しましたが、拉致問題は当然のことながら核問題もいっこうに前進する気配が感じられません。北朝鮮はアメリカしか向いてないし、アメリカとの攻防で精一杯なんで
  1. 2005/09/15(木) 13:01:33 |
  2. Patriotism

拉致を認めて丸3年

北朝鮮が日本人拉致を認めてから今日17日で丸三年を迎えた。ちょうど北朝鮮核問題をめぐる第4回6カ国協議は再開5日目をむかえている。拉致被害者家族たちは、毅然とした対応をとらない日本政府に怒りをぶつけているがもっともなことだ。一体いつまで「話し合いを....
  1. 2005/09/18(日) 15:38:23 |
  2. 何でも書き書きエッセイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。