(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

途上国の貧困問題に関心を 東京タワーをライトアップ

途上国の貧困問題に関心を 東京タワーをライトアップ

「ホワイトバンド」と呼ばれる白いリストバンドを身に着けて、発展途上国の貧困問題解消を呼び掛ける約40の市民団体が9日夜、東京タワーの大展望台をバンドのようにライトアップした。
 「ほっとけない 世界のまずしさ」というキャンペーンの一環。タワー側の協力で「東京タワーもほっとけない」と銘打って実現した。
 午後7時すぎ、地上からの光で展望台を白いバンドのようにライトアップ。内側からの照明で、実際のリストバンドと同じように3つの「*」マークを浮かび上がらせた。3つの*は、3秒に1人、途上国の子供が貧困が原因で死んでいることを訴えている。
(共同通信) - 9月9日21時47分更新



ホワイトバンドって募金じゃなかったの?
 

流行のホワイトバンドを300円で買ったが、このお金がどう役立つのか教えてほしいという疑問。実はこのホワイトバンド、200万個も市場に出ているそうだ。なぜこれほどのブームになったのか?その理由には、有名人が多数CMに出演していることが挙げられる。CMでは「ほっとけない世界のまずしさ」をキャッチコピーに、有名人がこうして3秒に1回指を鳴らして、そのたびに子どもが貧困で死んでいるというメッセージを伝えている。売り上げの内訳は4割が流通費。3割が製作費等、そして残りの3割のおよそ86円が貧困をなくすための活動に使われている。その活動費とはCMやポスターを作ったり、イベント制作費がある。「売り上げが募金になると誤解されているという側面もある。しかし、募金だけでは貧困問題を解決できないということも現実」とキャンペーンの事務局長は語る。CMに出演している有名人は、ノーギャラでだという。そこには彼らが所属しているPR会社が参加してい、PR会社の提案がきっかけでキャンペーンに一気に火が付いたとも言われる。一方PR会社は、貧困と戦う活動を継続するためには正当な利益は必要だということを話している。



私は支那の下請け業者にお金払いたくないのでこういうのは絶対参加しない。一種のカルトに見えて仕方ないのだが。

個人的に思うんだが募金とかって貧乏人がやるものでもないと思う。

実業家やスポーツ選手、有名人などがやるものだと思う。

ビンボー人がやっても下請け業者のカモにされるのが落ちだと思うのだが。

売り上げが募金になると誤解されているという側面もある。しかし、募金だけでは貧困問題を解決できないということも現実



だったら公式な具体的にどのような内訳で使用されてるのか出せよ。ちゃんとした書類でさ。


本家サイト調べてみた

いまひとつ実態を感じない。

さらにいじってみる

実行委員
(2005年7月15日現在)

稲場雅紀 (アフリカ日本協議会)
岩附由香 (児童労働を考えるNGO - ACE)
内山 隆 (CHANCE ! Pono2)
黒田かをり(CSOネットワーク)
高橋清貴 (日本国際ボランティア・センター)
田中徹二 (オルタモンド)
林 達雄 (アフリカ日本協議会)
マエキタミヤコ(サステナ)
山田太雲 (オックスファム・ジャパン)

事務局メンバー
(実行委員会における議決権をもたないメンバー)
今田克司 (CSOネットワーク)


こいつらの名前が出てきた。こいつらちっと調べてみるか・・・まずは2ちゃんねると・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/09/10(土) 18:56:51|
  2. 国内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホワイトバンドウィキペディア | ホーム | エイベックソの前で集会!!!!現地組応援スレinシベリア >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/435-66b91505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。