(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

果たして真実は・・・・

「中国産ビールの95%に発がん性物質」

中国で市販されている中国国内産ビールの約95%に、人体に有害なホルムアルデヒド成分が多量に含まれていることが明らかになったと、捜狐インターネット新聞が重慶商報を転載して8日報じた。

ホルムアルデヒドは発がん性が疑われる物質で、ヨーロッパはもちろん、国内でも使用が禁止されている。 これを受け、政府は今後輸入されるすべての中国産ビールに対し、ホルムアルデヒドが含まれているかどうかを調べることにした。

同紙によると、中国のビール製造業者はビールの沈殿物除去のため、人体に無害なシリカゲルやPVPPの代わりに、コストが数十倍安いホルムアルデヒドを使用しているという。

中国食品安全法は、ビール製造過程でホルムアルデヒド含有量が0.2ミリグラム/リットルを超えないよう基準値を定めているが、中国ビールの実際のホルムアルデヒド含有量はその6倍にのぼる1.2ミリグラム/リットルであることが調査で分かった。

中国醸造工業協会ビール分科の杜律君秘書長は「一部の高級ビールを除き、95%の中国産ビールにホルムアルデヒドが含まれている」と明らかにした。

これに関し、食品医薬品安全庁輸入食品課の柳成鉉( ユ・ソンヒョン)課長は「駐中韓国大使館や中国政府から公式的な通告はまだない」とし、「しかし報道の内容に信ぴょう性があると判断されただけに、今後輸入されるすべての中国産輸入ビールに対し、ホルムアルデヒド成分検査を追加するよう各地方庁に指示した」と明らかにした。

北京=劉光鍾(ユ・クァンジョン)特派員

金廷洙(キム・ジョンス)記者


2005.07.08 17:25:50



しかしこれを中国側は否定した。

あるメディアがこのほど、読者の投稿に基いて「95%のビールにホルムアルデヒドが添加されている」という記事を発表し、大反響を巻き起こした。国内3大メーカーの燕京ビール、華潤雪花、青島ビールの3社は13日、この風説を強く否定した。京華時報が伝えた。

燕京、華潤雪花、青島の3社は、京華時報の記者の取材に対し、期せずして同じように答えている。3社は2002年、生産工程でのホルムアルデヒド添加をやめ、原価がより高いシリカゲルや、PVPP(ポリビニルポリピロリドン)などに切り替えている。

華潤雪花ビールの候孝海市場総監は、京華時報に特に書面でコメントを寄せた。コメントによると、まず、ビールの生産工程で添加されるホルムアルデヒドは補助薬剤であり、ビール完成品のホルムアルデヒド含有量とは直接関係しない。第二に、醸造過程では、ビールそのものからも、ホルムアルデヒドが生成される。

華潤雪花ビールの見解は、燕京と青島ビール両社も支持している。燕京ビールの関係者は取材に対し「ビールの生産過程でのホルムアルデヒド添加は、マスコミが二年前に一度、非常に詳しく報道したことがあり、各企業は次々と自粛しはじめた」と語った。中国には今のところ、ビールに含まれるホルムアルデヒドの量に関する基準はないが、国際的な衛生機関は飲用水について、ホルムアルデヒドの上限値を1リットル当たり0.9ミリグラムと規定している。燕京ビールの場合、ビールの生産工程で酵母が生成するホルムアルデヒドの量を、同0.3ミリグラム以下に厳格に抑えているという。

青島ビールの広報担当の孟祥領氏は、「メーカーが生産工程でビールにホルムアルデヒドを添加すると、化学反応により綿状の物質の沈殿を防げる。(添加の)目的はビールの見栄えをよくするためだ。ホルムアルデヒドは原価は安いが人体に及ぼす害が大きい。一部の小規模なメーカーはホルムアルデヒドを使っているかもしれないが、青島ビールでは早い時期からホルムアルデヒドを添加剤として使うのをやめた」と話している。(編集CS)

「人民網日本語版」2005年7月14日



韓国食品の事件といえばもちろんこれでしょう

韓国製ギョーザ輸入停止 腐敗大根入りの恐れ

 

韓国で今月初め、腐敗した大根を使った疑いがあるギョーザが
大量に流通していた問題が発覚し、日本の厚生労働省は9日までに、
韓国からのギョーザや、ギョーザの具の輸入を暫定的に停止する措置を取った。
 厚労省によると、韓国から輸入された冷凍ギョーザは昨年1年間で90件、
864トン。今年も49件、437トンが輸入されている。
同省は食品衛生上問題がある製品の輸入が確認されれば回収を求める方針。
 ギョーザのほか、同様の具が使われた可能性がある韓国産の中華まんじゅうも対象に、
全国の検疫所に輸入を認めないよう指示した。
 厚労省や現地の新聞報道によると、韓国の食材納品会社が約4年半にわたり、
たくあん製造会社から使い残しや腐った大根を無料で引き取り、
廃井戸からくみ上げた水も使って作ったギョーザなどの具を多数の取引先に
納品していたことが発覚、警察に摘発された。



もっと詳しいことはここで調べてください

でも思うんですけど今でも中国はそういうことをやってるということにつながりかねない書き方です。てかやってるんでしょう。環境保護もクソもないですからあの国は。

あ、アメリカもそうだっけ?



関連リンク

世界民族博覧会

中国ビール事情

大手ビールメーカーの中国陣取り合戦≪週刊ダイヤモンド1/22号より要約≫
スポンサーサイト
  1. 2005/07/14(木) 20:35:31|
  2. シナちく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<層化野球試合結果 | ホーム | 大田原市の教科書の波紋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/43-f01dae41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。