(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒流はこれからも続く

日本で人気を集めている韓流スターたちの公演日程だ。場所はすべて東京の日本武道館。ただの芸能ニュースとして聞き流すこともできるが、よく考察するとかなり意味のあるニュースだ。韓国人が趙容弼(チョ・ヨンピル)以後22年ぶりに武道館ステージに立つからではない。武道館には独特の文化的象徴性があるからだ。



中央日報



武道館とは一体どんな所か。韓国内では日本最大の公演場、日本のカーネギーホール、コンサートの殿堂などとして知られている。もちろん間違ってはいない。しかしこれだけでは武道館を正しく説明することはできない。元々武道館は公演場ではない。その名の通り武道館だ。伝統武道の振興、青少年の心身育成、国技確立などが設立主旨だ。

設立を主導した人は大部分が当代の保守政治家だ。代表者が読売新聞社主であると同時に国会議員だった正力松太郎氏だった。彼は1962年、衆議院に武道館建立決議案を提出した。工事費は国家補助金と財界基金などで充てた。翌年武道館が完工されると正力は初代会長に就任した。新聞業に跳びこむ前、警察官僚を務めた彼にぴったりな役だった。

彼の提案通り、武道館は64年、東京五輪の柔道場として使われた。その後、各種武道大会、書初め大会、クラシック音楽会の殿堂になった。また8月15日には毎年政府主催の戦没者追悼式場になった。日本の侵略戦争である太平洋戦争で死亡した310万人の日本人を追悼する儀式だ。今年も武道館では天皇と首相が参加した中で追悼式が行われた。

武道館は位置からして普通ではない。

武道館の一方は靖国神社、反対側は北の丸公園を通じて皇居に繋がる。太平洋戦争のときは戦線に出る将校たちの集会所があった。日本国粋主義者たちの言う国家守護の地霊が充満した所だ。

しかし武道館にはこれとは正反対の文化コードがある。66年ビートルズの公演をきっかけに武道館はロックコンサートに門戸を開放した。

もちろんビートルズの公演が順調に行われたのではない。当時、ビートルズは収容人員1万人の公演場を要求したが、これに当たる場所が武道館しかなかった。武道館がビートルズの公演場として発表されると保守世論が沸き立った。

佐藤栄作首相まで出て「ビートルズは武道館に似合わない」と反対した。正力会長はビートルズの名前さえ聞いたことがなかったのか「ベートルなんとかというのは一体何者だ。そんな連中に武道館を使わせてたまるか」と腹を立てた。ビートルズを招待したのが自分の読売新聞だったが、武道館だけは使えないと訴えた。

紆余曲折のあげく、武道館が公演場に確定されると今度は右翼テロ説が飛んだ。公演の何週間か前から右翼団体の宣伝カーが群がり、ビートルズの公演に反対した。脅迫状も送られ、警察が厳しい厳戒態勢を広げた。武道館がもつ社会的求心力がどれほど大きかったかを示す内容だ。

しかしビートルズが一度公演を行うと門戸がぱっと開かれた。世界的ロックスターたちの公演が並んだ。レッド・ツェッペリン、 イーグルス、 ボブ・ディラン、 デュラン・デュラン…。特に78年のボブ・ディランが武道館公演を収録したライブアルバム『At Budokan』を出すと米国の歌手たちに武道館は名誉の殿堂のように思われた。

今、武道館は時によって武道館になったり、公演場になったりする。伝統と開放、文化的求心力と遠心力という正反対のコードが共存する珍しい所だ。韓流スターたちの続く武道館公演は後者の一断面だ。これはまさに日本文化の遠心力を促進する力が韓国にもあるという意味になる。

そうではないようだが、日本は多様な社会だ。一部の嫌韓の雰囲気さえそんな多様性の1つとして理解してくれという日本の知識人もいる。それなら韓流スターたちの武道館公演はこれを相殺するのに十分でである以上にまた新たな日本の多様性となることができる。

そのような意味で「武道館印・韓流スター」が今後も続くことを期待する




いつまで寝ぼけたこといってるんだよ。
武道館ヨイショしすぎだろ?
スポンサーサイト
  1. 2005/09/09(金) 22:43:22|
  2. 国内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<アジア青少年野球>日本の辻内、韓国を完封 | ホーム | TAMIYAって何で倒産しないんだろ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/426-f923fbc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。