(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新しい歴史教科書をつくる会の教科書阻止「ネット21」俵事務局長

中央日報

最終的に、彼がまたやり遂げた。

教科書市民団体「子どもと教科書全国ネット21」(ネット21)の俵義文事務局長(64)。2001年、日帝の侵略歴史を美化・歪曲した「新しい歴史教科書をつくる会」(つくる会)の教科書採択率を0.039%に阻む決定的な役割を果たした彼が、今年も0%台の採択率を遂げた。





今年、つくる会の歴史教科書採択率は0.38%にとどまった。公民教科書は0.19%だ。4年前に比べて数字の面では大きく増加した。しかし新しい歴史をつくる会が背水の陣で政界と結託し、全面戦争をした状況を考慮すれば市民団体の「丸勝ち」だ。新しい歴史教科書をつくる会は10%の採択を目標にしていた。

4月初めの採択教科書検定申請締め切り後、5カ月ほど全国あちこちを巡回し「激戦」を行った後、しばらく休んでいる彼を2日、東京の「ネット21」事務室に訪ねた。俵局長は「結果に満足はできないが、ファインプレーしたことは間違いない」と述べた。完全な0%に阻めなかったことはくやしいが、8000万円ほどの資金を投入して物量攻勢を広げたつくる会の勢いを完全に止めたというのが自己評価だ。全国584の教科書採択地区を1つ1つ歩き回ってつくる会の活動を組織的に阻んだのが奏功したという分析だ。2001年のときより講演回数も30%ほど増やした。「先月初めまで10%前後まで行くのではないかという不安がありました。右翼政治家たちが後押し、つくる会を宣伝する勢いがすごかったからです。しかし時間が経つほど一般市民たちの良心と底力が動きました」俵局長は韓国市民団体との円滑な協助も大きな力になったと述べた。

「2月に竹島問題が起こったときは日本国内に反発が起き、つくる会の教科書採択に傾かないか心配しました。それで教科書問題と独島問題を直接結び付けない戦略を選んだんです。実は日本社会では竹島に対してはあまり大きな関心がありません。実際『竹島の日』条例を通過させた島根県も、つくる会の教科書を採択していません」

出版社の立場では損益分岐点が採択率16%という。それなら2001年と2005年と採択率0%台にとどめたつくる会の教科書を出版した扶桑社は、つくる会の教科書から手を引かないのか。俵局長は「絶対に手は引かないだろう」と言い切った。つくる会の教科書採択運動は、つくる会だけの運動ではなく、自民党と財界が結託した「戦争ができるようにする歴史意識改造作業」の一環だからだというのが俵局長の説明だ。実際につくる会は2日、声明を発表し、4年後の2009年教科書採択に3度目の挑戦状を出す」と宣言している。俵局長は「そちら(つくる会)がまた出るというならば、少々腰は重いですが、われわれも対応しなければならないでしょう」と笑った。






いろいろグぐると出てくるわ・・・・

子どもと教科書全国ネット21
         代表委員:石田米子・尾山宏・小森陽一・高嶋伸欣・田港朝昭・
鶴田敦子・西野瑠美子・藤本義一・山田朗・渡辺和恵
事務局長:俵義文

子どもと教科書全国ネット21/ジェンダー平等社会をめざすネットワーク/「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク/全国民主主義教育研究会/高嶋教科書訴訟を支援する会/地理教育研究会/「つくる会」教科書採択を阻止する東京ネットワーク/日中韓3国共通歴史教材委員会/日本出版労働組合連合会/日本の戦争責任資料センター/ピースボート/歴史科学協議会/歴史教育アジアネットワークJAPAN/歴史教育者協議会/歴史の事実を視つめる会(50音順)


ピースボードまで入ってます。辻本元議員と北朝鮮のつながりですよここは。


彼らは教科書採択阻止のために役所へメール攻撃や電話攻撃、ファックス攻めなど常識では考えられない方法で採択阻止を図っている。

彼らの存在がどれだけ異常かわかるだろう。


平成18年度用中学校歴史教科書比較

これがほんとに美化する内容なのだろうか?


それはさておき

ジェンダフリーの話が出てきたのでちょっと。

以前訪れたブログでジェンダーフリーについて書かれていた物があった。

それがとても印象に残っていたのでここで紹介させていただく

こん・・・ジェンダーフリーによる国家崩壊


あっち系の人間による日本赤化計画について詳しく載っています。ぜひ一読されたし。

ジェンダーフリーを実践したお国はどうなったかというと離婚や堕胎の激増、少年犯罪激増、出生率激減を招いた。これをもろに受けたのは旧ソ連。

知っての通り、ソ連は崩壊した。

所詮マルクスレーニンの唱えた平等とは名ばかりのものだったということが書かれている。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/07(水) 02:57:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<京都・ウトロ…強制立ち退き着手 | ホーム | 独島・北東アジア歴史財団、年内発足へ>>

コメント

突然のコメント失礼します。
私達は現在の20代の投票率が80代の投票率より低いことに危機感を覚え、9月11日の衆議院総選挙で20代の投票率を上げるために「投票ラブ・ストーリー」というHPをオープンしました。
http://tohyo.net/

今回もしこの企画に賛同してくださるならば、是非「投票ラブログRANKING」に参加して頂きたいと思っています。

9/11までの期間、ブログの読者の方にプラグインに貼った「投票宣言ボタン」をクリックしてもらい、 そのクリック数がランキングに反映されます。
ブロガーの力を集結させ、 有権者の選挙に対する意識を高めましょう!

チーム「一票いっとく?」
  1. 2005/09/06(火) 20:06:56 |
  2. URL |
  3. 一票いっとく? #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/403-c736f8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。