(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<板橋両親殺害>逮捕の長男 父親との確執が背景か (毎日新聞)しかし・・・実際の原因は創価の教え

東京都板橋区の社員寮で管理人夫妻が殺害されガス爆発が起きた事件で、警視庁捜査1課と高島平署は22日、長男で都立高校1年の少年(15)を殺人容疑で逮捕し、同署に捜査本部を設置した。父親を先に殺害していることから、捜査本部は、父親との確執が背景にあるとみて詳しい動機を追及している。




 調べでは、少年は20日正午過ぎ、板橋区の建設会社社員寮の管理人室で、父親(44)の頭を鉄アレイで殴り首などを包丁で刺して殺害。さらに、母親(42)の胸など約40カ所を刺して殺害した疑い。証拠隠滅を図るため、ガスを放出させ、タイマー付きの電熱器で爆発させたとみられる。




 父親は布団の上に倒れていたことから、仮眠をとっているところを襲ったらしい。直後に母親に見つかり、刺殺したとみられる。




 少年は「父親が自分をバカにしたので殺してやろうと思った。母親はいつも仕事が忙しく可哀そうで、『死にたい』と話していたので一緒に殺した。反省している」などと供述しているという。




 少年は高校に進学した4月ごろ、「両親が冷たくなった」「殺そうと思う」などと周囲に話していた。




 捜査本部は、電熱器にタイマーをセットするなど用意周到なことから、計画的に事件を起こした可能性があるとみている。現場に少年のものとみられる血の付いたTシャツとジーパンが残され、外部から侵入した形跡もないことから、同居していた少年の行方を追っていた。【長谷川豊】




 ◇パソコンやゲームに没頭し、殺りくシーンに異常な関心…



 「両親が冷たくなった。殺そうと思った」。東京都板橋区で管理人夫妻が殺害された事件で、逮捕された少年(15)は、周囲に殺意を漏らしていた。中学時代に空き家に忍び込んだことがばれて以来、深まった両親への恨み。パソコンやゲームに没頭し、殺りくシーンに異常な関心を示していた少年は、事件から3日目、逃亡先の約150キロも離れた温泉旅館で発見された。従業員には「礼儀正しい普通の子」に見えたという。




 ■「親を殺したい」




 少年は「父親がバカにしたので殺してやろうと思った」などと供述した。父親は重さ約8キロの鉄アレイで殴られ頭がい骨が陥没、母親は胸などに約40カ所の傷を負っていた。捜査本部は根深い恨みがあったとみている。




 少年は高校に入学して約2週間後、周囲に「昨年の12月の出来事以来、両親が冷たくなり、厳しくなった」と話していた。さらに「両親を殺そうと思う」とも。




 昨年12月、少年は友人2人と一緒に近くの空き家に3回にわたり忍び込む“事件”を起こしていた。通っていた中学校の校長によると、少年は放課後に空き家で菓子を食べたり、ジュースを飲んだりしていたという。発覚後、教諭が少年と父親を呼び出して注意した。その際、少年は「寒いから入ろうと友達から誘われた」と話し、反省していた様子だったという。




 同級生の一人は「少年は中学3年の2~3学期に、『親がむかつく。殺したい』と言っていた」と証言。同級生は冗談だと思い、それ以上の会話にはならなかった。高校校長は「入学以前から親子の確執があったと推察される」と語った。




 ■パソコンで死体




 高校では友人は少なかった。校長は「休み時間になってもイヤホンで音楽を聴いて、自分の世界に入っていた」と話した。携帯電話の番号を知っているクラスメートもいなかったという。




 少年は03年4月、両親の転勤に伴い埼玉県戸田市から板橋区内の公立中学校に転入した。当時の同級生は「最初は人見知りと思ったけど、悪ふざけが好きだった」と思い出す。シャープペンシルのしんを付けた消しゴムを、コンセントにくっつけて火花を出して先生に怒られたこともあった。




 ゲームやパソコンが好きだったという。中学の同級生は「格闘ゲームが好きで、よく一緒に遊んだ。本当に彼が殺したの?」と絶句した。高校入試の際の書類には「将来はコンピューターを使った仕事をしたい」という記録が残っていた。




 一方で中学時代、インターネットで人が殺されるような映像をよく見ていたことを思い出す同級生も多い。「グロかった(グロテスクだった)」と友人に報告。ネットで死体を検索したりもしていた。休み時間には殺りく場面に批判もあった漫画「バトル・ロワイアル」をよく読んでいたという。




 ■礼儀正しい子




 少年が証拠隠滅のために爆発させた管理人室。しかし、現場には少年が殺害後に着替えたとみられる血の付いたTシャツとジーパンが残っていた。凶器の包丁のうち1本は血の付いたまま台所にしまわれ、ドアや窓が施錠されていたことも少年の容疑を強めた。捜査1課は20日夜から、少年の行方を追った。




 少年は電車でJR池袋、上野駅を経由し、20日夜は長野県軽井沢町のホテルに宿泊。21日朝、バスで群馬県草津町に向かい、温泉旅館にチェックインした。黒のTシャツにジーパン姿で、偽名で16歳と名乗り「アルバイトでお金をためて旅行をしている」と話した。3階奥の和室に宿泊し、何度か外出したという。




 午後10時ごろ、テレビニュースで事件を知った従業員らが、念のため宿帳の住所を見ると現場の住所とほぼ一致。経営者が近くの交番に届けた。警視庁の捜査員は22日午前2時半ごろ、旅館に到着。部屋の明かりは一日中ついていたという。




 午前7時半、広間での朝食のために浴衣姿で部屋を出たところを捜査員が保護。「警察だけど、何で来たのか分かるよな」と聞くと、「はい」とうなずいた。リュックサックには、凶器に使われたとみられる刃こぼれしたもう1本の包丁や、携帯ゲーム、ゲームソフト、菓子などが入っていた。所持金は約3万円。調べに「以前テレビで見た草津の温泉に入りたかった」と供述している。




 従業員は「礼儀正しい普通の子に見えたので泊めた。驚いている」と困惑した表情で話した。










[毎日新聞6月23日]



しかしこれには背景が・・・

殺された父は熱心な創価学会信者で仮眠をとっているのは全身全霊を込めて題目をあげているからだという。祖父も学会員。母もパートに出かけており自分ひとりが父の仕事の手伝いをさせられるようになっていた。

この少年が通っていた都立の工業高校は大変荒れており、父親に

お前は信仰が足りないからこんな馬鹿な高校に入ったんだと言われて頭にきたのだという。

人を幸せにするはずの宗教が不幸を招く結果になってしまった

週刊新潮


70 :少年法により名無し :2005/06/22(水) 22:57:33
成増周辺で通える都立の工業高校って1つしかなかったからここなのかな?
都立北豊島工業高校?

83 :少年法により名無し :2005/06/22(水) 23:26:16
練工だろ

87 :元練工名無し :2005/06/22(水) 23:31:35
テレビでは綺麗な正門だったので練工ではない!豊島は綺麗?

93 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:07:21
>>59
>>60
>>70
北豊島っぽい。会見のとき校長の顔出てたけど、北豊島の高校紹介の校長
の顔と同じ

95 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:10:22
>>92
どこの中学?

96 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:14:19
下赤に引っ越してきて恐い事件ばっかだ(´Д`
4年前ぐらいに発砲事件あったし、
2年前ぐらいには殺人事件。
で今回の事件・・・
はぁ・・恐いし。。
中学は隣の中学でしたよ。
さっきうちの中学の前の校長でててびっくりしたさ


97 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:15:27
軍鶏のナルシマリョウを思い出した・・・


98 :98:2005/06/23(木) 00:18:22
98


99 :匿名きぼう :2005/06/23(木) 00:18:23
北豊島ですかね・・・
北豊島の、ホームページに校長の顔が載ってました。
テレおうなビに出てた校長と似てるような・・似てないような・・・
って感じです。


100 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:18:50
95〉
赤2らしい((;゜Д゜)ガクガクブルブル



101 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:19:16
死亡の2人は殺人 東京・板橋の社員寮爆発

東京都板橋区の社員寮爆発で、死亡した男女は頭部が陥没するなどの傷が
あったことが分かり、警視庁は殺人事件として捜査を始めた。また、死亡
した男女は警視庁の調べで、管理人の永友正徳さん(44)と妻圭子さん(42)
と分かった。

----------------------------------------------------------
長男の苗字は永友くんか。



102 :92:2005/06/23(木) 00:19:30
95〉
赤2らしい((;゜Д゜)ガクガクブルブル



103 :100:2005/06/23(木) 00:19:39
100


104 :匿名きぼう :2005/06/23(木) 00:20:07
96さん>
どこ中なんですか?



105 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:22:10
鉄アレイ。久しぶりの活躍だな。


106 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:22:12
赤三。この子の中学は赤二


107 :匿名きぼう :2005/06/23(木) 00:23:20
赤2ですか・・
赤2ってそんな悪いイメージ無かったのにな。



108 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:24:15
みす。  >>104  赤三ですよー。


109 :匿名きぼう :2005/06/23(木) 00:26:17
元もー娘の辻は・・赤1か赤2ですよね。


110 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:27:26
赤2昔は相当やばかった。・゜・(ノД`)・゜・。
今はだいぶ変わったと聞いてたが痛いヤシはまだいたんだな…


111 :少年法により名無し :2005/06/23(木) 00:28:59
>>109 辻は赤一だよー

2ちゃんねる

【板橋・両親殺害】信心が足りないが引き金【創価】

創価学会が韓国で反日活動を煽動しているらしい

韓国SGI, 釈迦誕生日そう愛国大祭り

(ソウル=連合ニュース) 李鵬席記者 = 韓国SGI(韓国窓べ学会・理事長ヨサングラック)は 仏様来世の日を迎え 15日午後 2時ソウル蚕室総合運動場オリンピック主競技場で 薬 10万人が集まった中に 2005 愛国大祭りを開催する予定だ.

サムルノリ名人キム・トッスさんが総監督した 800人の事物マスゲームと 500余名の マーチングバンドが広げる希望バレード, 国楽室内楽団 'スルギドング'の公演, インスンと ジュエリーが一緒にする希望コンサートなどに進行される.



特に主催側が直接独島を訪問して撮影した映像が上映されて, 2万人が参加する '独島は私たち地' カードセクションも演出される. 北朝鮮食糧難解消のための基金と 不遇子供助け合い基金も伝達する予定だ.

SGIは法花経を信奉する仏教信徒団体で, 世界 190ヶ国に 2千余万人を会員で置いている. 韓国には 120万名の信仰人が活動している. 〓02-6300-7033~5.


ttp://www.yonhapnews.co.kr/news/20050512/030000000020050512113000K8.html連合ニュース


読んだ感想を言うと新潮グッジョブ、文春だめぽ、創価とわかった瞬間すぐにマスコミはスルー。明徳義塾の事件に触手を伸ばす。

ねらーの間ではこの少年に対しては哀れみの念が多い気がした。

7/6追伸

通りすがりの者です。板橋の爆発事件について書かれていたのでちょっとコメントさせて下さい。

私は事件のあった地域に住む学会員です。あの御一家は確かに創価学会員でした。が、埼玉から我が地域に引っ越してきてからまともに会う事も話す事も満足に出来ず、もちろん会合等にも参加して頂けませんでした。入会はしているものの、まったく信仰や活動等はしていない名前だけの会員さんでした。この事件で一部週刊誌が何やら書き立てていたみたいですが、記事にあったような事も無く、私達があの記事で慌てふためく事もありません。ただ、御一家の事を考えるとあのように記事にして騒ぎ立てるのはどうかと思いましたが。-------------------------------------

 私は「選挙に行こう」と 古川さんのblog内容を引っ張ってきて、板橋区の事件のことも全く知らなかった アンテナの全然 張っていない者です。ですから お恥ずかしいことに 週刊新潮がどんな記事を載せているのか まだ読んでいません。熱心な学会員さんで 息子さんに「信心が足りないから…」と罵倒を繰り返していた 記述があるようですけれど。

 通りすがりさんの仰っていることが 本当だとして 少し不可解な感想を持ったので、書かせて頂きます。創価学会とは 一人一人の部員さんを想い 部員さんの幸せを第一に 考えている団体だと思っていました。そうして、「創価学会のご本尊に祈れば、かなわぬ願いはない」と指導されていますね。

 通りすがりさんは このご家族を知っていて、何回か訪問されていらっしゃるようです。それなのに、このご家族を救えなかった 無念さや自責の念を全く感じられないのですけれど。

 財務や選挙 新聞のお願いにも行かれなかったのでしょうか?

 創価学会の唯一のウリともいえる、地域の相互互助が実際に働いていないようです。もしも、被害者のご家族が 創価学会活動に参加されていなかったのでしたら、そんな 数だけの活動に嫌気がさしていたかもしれませんね。成果主義の非人間的な付き合いが、こんな結果を招いたような 気が致します。



創価学会体験記

無関係1 [2005年07月07日(木)]
すでに、その事件と創価学会の話はネットのあちこちで知っていた。
板橋区の両親殺害事件のことである。
どんは
「事件の度に関係者の家の信仰が調べられて取り沙汰されるなんて人権侵害だ」
と言っていた。
信仰が事件の原因でないのなら、まあ、ごもっともなことではあるが
「普段から、『創価スバラシイ!』って押しつけがましいからアレルギー反応が起きるんでしょ」
と軽くアンチパンチを返しておいた。

そして都議選に沸く日曜午後。
リビングで仲良く2人並んで「たかじんのそこまで言って委員会」を見ていた。
途中から見始めたのだが、話題は「板橋区両親殺害事件の犯人である息子が残虐ゲームにはまっていた。残虐ゲームをどう規制したらいいのか」。
話題がひとしきり進んだ後に少年の家庭環境の話題に移った。
そこで宮崎哲弥氏が口を開いた。
「あのね、さっきからゲーム脳だとか残虐ゲームだとか言ってますけど、この事件の場合はそういうことじゃないんです。週刊誌(新潮)が1社だけ書いてますけれど、家庭環境ですよ。ここのうちはね、ある宗教団体の熱心な信者だったんですよ。それでね、父親が息子の頭を押さえつけて『お前はダメなんだ』って何度も罵倒したって表向きには出てますけれど、実際は『お前は信心が足りないからダメなんだ』って罵倒してたんですよ」

……………。
しばし、沈黙。

「どんよ」
「……」
「聞いたか」
「……」
「聞いたか、学会員さん」
「……」
「そういえば、事件の起こった頃は選挙戦に入ってたんじゃないかな」
「……」
「テレビで見た犯行動機に『父親が土日・夏休み関係なく仕事を手伝わせて、いつの間にか父親よりも働かされた』っていうのがあったけど」
「……」
「息子に働かせて、自分は活動にかまけてたってこと?」
「それはさあ、そういう信心の仕方はさ、学会員として最低だと思うよ。でもさ、そういう暴走学会員のことまで俺は知らないよ」
「でも、学会の体質が問題じゃないの?」
「そういう教義じゃないって」
「教義じゃなくて、折伏だ啓蒙だって、追い込むような煽るようなこと言ってたら真に受けてのめり込む人がいるってことでしょう。そこでバランス壊す人がいるってことじゃないの」
「学会には『仕事3人前、信心1人前』っていう言葉があって、社会での責任を人並み以上に果たしてから信心しろっていう意味なの、だから、仕事をないがしろにして活動にのめり込むような学会員は間違ってると思うよ。でもその学会員自身の問題であって」
「それはそうだけど、学会が暗に煽ってるじゃん。学会は無関係なの?それにどうして報道しないの?問題を残虐ゲームとすり替えるの?創価学会が広告費の払いが良いから?大手新聞社の印刷所に聖教新聞印刷を発注してるから?」
「学会は、社会に仕事を発注することで還元しているの。そういう事情でマスコミが創価学会に媚びるんなら、俺はマスコミは糞だと思う」
「じゃあ、創価学会には意図がないと思うの?」
「なんかさ~、悪の秘密結社みたいに言うけどさあ」
「ここまで分かりやすい団体が秘密結社みたいなわけないじゃん。悪の結社みたいじゃん」
「結局、悪をつけるのね」
「『みたい』って付けたけど」
※後は言葉尻を捕まえてのくだらない口喧嘩なので割愛。

家庭は密室だ。
学会が親子関係に大きく影響していたとしても、それが外には分かりづらいことだったのかもしれない。
勿論、親子それぞれの資質が原因であることは当然ではある。
だからといって学会の煽り体質を思えば学会が無関係だとは思えない。
活動で鬱になる人、両親の両方がまたはどちらかが活動で家におらず留守番をする二世三世、学会のせいでイザコザが絶えない家庭があるのは現実だ。
行き過ぎた活動は個人の資質によることは大きいものの、行き過ぎた活動をする個人を作りやすい体質を学会が持っていることは、言わずもがなである。
聖教新聞は今日も「常識を持って活動を」呼びかけつつ「戦い抜け」「攻め抜け」「勝利」と無責任に煽っている。とはいえ常識を持って活動したら、目標は果たせなかったりして。
団体はどこまで個人個人の資質への影響を考慮できるのか。
それはそれで難しい話だとも思うのだが。


さて、ここで上記の疑問を直接、創価学会と毎日新聞に電話でぶつけられてこの結果を掲載されたmumurさんのブログを紹介。
ブログタイトルがすごいことになってますけど…
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/27219198.html

そういや、ウチ、聖教新聞と毎日新聞のゴールデンコンビだ……orz
産経も嫌、朝日も嫌、読売も嫌、地元紙は会社にある、で実家で取っててフォントと組みが慣れてる毎日新聞にしたんだけれども。
頼みますよ毎日さん…。
電話を受けた毎日新聞の担当者が学会員だった、という予想はアリだと思う。
受け答えの文言が学会員典型常套句に似ている。

確かに、どんは「学会員や学会は全面的に悪くない」という思考ではないし、たまに「学会の体質を変えたい」と言っているし(それでも学会内アンチではない)、学会自体の問題を末端学会員のどんにぶつけていたぶるようなことをしても仕方がない(鬼嫁)。
何よりもどんは、その後勝谷誠彦氏発言のチャイナロビーやチャイナスクールと呼ばれる政治家の話に夢中になってしまった(逃避したとも言う)。
創価スイッチがこっそりONになっていた。
体質を変えたい、と言っていても、基本的には「学会性善説」なのだ。


↓下に続く



Posted at 12:59 | アンチ創価ですが、何か? | この記事のURL | Clip!! | コメント(0) | トラックバック(0)
無関係2 [2005年07月07日(木)]
↓上の続き
以下、一個人の感想。

「宮崎氏や新潮の言うことはデタラメだ」
そう言い切ってしまえば、そこで終わる。
「学会員がそんなことするはずはない、学会は犯行に関係ない」「学会がマスコミに圧力をかけるわけがない」そう言い続けてきて、今の学会があるような気がする。
だが、それは末端学会員の話で。
学会中枢はどうだろうか。
前出のブログで、創価学会は被害者が学会員であったことを認めている。
だが、原因は記事のように過剰な信仰であったことは認めてはいない。
幸せになれると世間にうたっている(押しつけているとも言う)はずの学会が原因で不幸で悲しい事件が起きましたなんて憎い新潮に言われて、そりゃ認めたくもないだろうが、「取材をしていない」「誤りです」「(新潮は)敗訴しているんです」と決めつけるのもそれはそれでおかしな話だ。過去に敗訴したから書く記事全て嘘、という理論も飛躍しすぎている。
例えば企業の場合は、なんらかのコメントは出すだろうけれど、それは「仕事が原因である」と報道された場合で、学会には「報道されることはない」という強味があるように感じるのだ。
例え無難でおざなりでも「誤りです」以外で何かコメントを出せば見直しちゃうんだけど。
「取材していない」「誤りです」「(新潮は)敗訴しているんです」と言い切る強気な態度から学会はマスコミに対して「確固たる自信」を持っているように見受ける。

この事件に「学会信仰や活動」が関わっていることを、取材したマスコミ各社が知っているのではないか。
テレビで発言した宮崎氏にだって、新潮とは違うルートでソースがあったのではないかと思われる。
「雑誌に書いてあったから」というソースだけでテレビで発言するとは考えられないからだ。
それを出すか出さないか、そこでクローズアップされるのが、マスコミ各社と創価学会を繋ぐ「正当な」印刷の受注発注取引ではないか。
どんは「自前の印刷会社を作って学会企業を増やすのには反対」だという。
確かに、どんの言うことも分かる。
どんの言うように社会への還元という取引なのか、学会のためにマスコミを懐柔させるための布石だったのか、マスコミが得意先である学会に気を遣っているのか、それは私にはわからない。
私にはわからないように、末端の学会員にもわからない。
ただマスコミとの間に「正当な」パイプが繋がっているのは事実。
例えばみずほ銀行詐欺事件は大きな事件であるはずなのに扱いも小さく、後追い記事も特集記事も出てこないのも、事実。
疑うくらいはいいと思うのだが。

組織を疑うことは、悪いことだとは思わない。
真実は、よほどのことがないかぎり、私達の目には触れられることはないだろう。
だが。
創価学会は、既に、ひとつの社会を形成している。一種の社会の縮図と言えるだろう。
それこそ「いろいろな人がいる」のだから、犯罪を犯す人がいないとは言い切れないし、信仰や活動が原因で犯罪が起きないとも言い切れない。
「悪いのは一部」という学会員の常套句な言い訳は、そのまま社会に当てはまるが、
社会では、その一部のために法があり、一部を未然に防ぐための努力があり、一部がなくなるように社会のあり方を模索し要因となるものを可能で有れば規制し、啓発する、いわば自浄作用が働く。
少年犯罪が社会全体の責任ではないかと、様々に論議されるのもその現れである。
現に今回も、ゲームでは?家庭環境では?親は?学校は?少年を取り巻くことが取り沙汰されていた。
同じ社会にいながらも、「無関係だ、社会は関係ない」と言い切ることができるのに、そうはしないのである。
それが社会だ。
ところが、社会の縮図たる創価学会に、それがあるだろうか?
「学会員がそんなことするはずはない、学会は犯行に関係ない」「学会がマスコミに圧力をかけるわけがない」そう言い続けてきて、今の学会があるのは、疑わないから自浄作用が働かなかったのではないか。
そういうことを言う学会員は、同じ社会の中にいながらも「無関係だ」と言い切っているようなものだ。
そしてその社会を仕切る学会そのものが、「無関係だ」と言い切ることが何より恐ろしい。
学会が関係ないと言い切る今回の事件も、
「もしかして、父親の行き過ぎた信仰が加害少年を追いつめたのではないか
仕事と信仰とバランスが取れているだろうか?信仰を優先しすぎていないだろうか?」
学会員がそう疑えば、自分自身周辺の家族に、何か迷惑をかけてはいないかと振り返ることができる。
自分自身を見つめ直すことができる。
勝ちまくれ!前進あるのみ!ではなく、立ち止まり振り返ることも大事だと思う。
見つめ直せば何かが変わる。
これも1つの自浄作用ではないか。そう思うのだが。

私には、学会のお膳立ての上に学会員が乗っかっているように思える。
何もかも「そんなのはデマですよ」という大本営発表を信じろと言う。
端から見れば、こんなに人をバカにした話はない。
学会員は考えるなと、そう言っているように思えるのだが。

ところで。
いかなる理由があれど、人を殺めてはいけない。
親に手をかける以外に、その支配から逃げる方法もいくらでもあったと思うのだ。
学会のことがあったにせよ、なかったにせよ、親によって休みを奪われ、親以上に働かせることは虐待であると言える。教師や地域住民などを味方につけ、法的に対抗する術もあったはずだ。
虐待から逃げられない年齢ではない。でもそれほど、追いつめられていたのだろうか。そこでしか生きていけないと思いこんでしまったのだろうか。殺すことでしか、終わらせられないと。
逃げる、ではなく、殺す、という安易な発想はゲームの影響も否定は出来ないと思う。
どこにも安らぐ場所のない少年の痛みは想像を絶するものだろう。
だが。
どんな苦しい環境でも、逃げるのではなく親を殺す選択をした加害少年を同情することは出来ない。
同情してはいけないと思う。許されざることなのだ。
また、尊い人命が奪われたことにも悲しみを覚える。
そしてこんな悲惨でやるせない事件は、二度と起きて欲しくない。
少年犯罪が起こるたびに、そんなことを思うにも関わらず、何度も起こってしまうのだが。
それでも起こって欲しくないと願い、どう防げるか、考えることしかできない。

で。
左右両翼のイデオロギーに支配されて、お金のあるものに支配されて、
ジャーナリズムって死んだんじゃないかと思った。
マスコミを制した者、日本を制す?




妻はアンチ、夫はバリバリ

今の学会指導について (軒ちゃん) 2005-07-08 07:59:39

末子さんのブログ「末端から見た創価学会」にコメントを出している、軒ちゃんです。
率直に言って、今の学会は、「非活動家」の面倒はほとんど見ません。先日も婦人部幹部から「悩んでいる人を救うためには、その人たちを第一に、折伏や新聞啓蒙の対象とするべきです」とのご指導がありました。しかし、いったん入会させると、折伏・新聞啓蒙した人には「福運がつく」と言われても、後はだいたい放りっぱなしという場合が多いです。ごくまれにそういう人を熱心に面倒見ている人もいますが、○○副会長からの指導では「最終的には本人次第」と言われました。
冗談ではありません。悩んでいるからこそ学会に入ったのに、出版物はどんどん取らされ、財務の話をされ、また我らが師匠に対して、名誉博士や名誉教授を取ったという話ばかり聞かされたり、出版物では池田大師匠に反対する人に対して口汚く罵ったり・・・と、いろんな疑問を持ってもそれを口にするだけで、「信心が足りない」「信心が歪んでいる」と言って、事実上、組織に出づらくさせてしまうことさえ有ります。そうしておいた上で、「やっぱりあの人は信心が足りなかったんだ」「歪んだ信心をしてるから組織の活動にも出てこないんだ」で終わりです。今の学会で生きていくためには、先ほどのブログでも以前述べさせてもらったかも知れませんが、本音を押し殺し黙って幹部の言うことに従い、座談会ではパターン通りに喋る、という人でないと、ややもするとはじき出されてしまいます。
懸命にお祈りして、願いが叶ったという喜びの体験談が、昔に比べてすごく少なくなりました。法律違反のことをする」というのもそれによって自分が大変な不利益を被るわけですから「過去世の業」を消すためにも、率先して幹部を中心に信仰指導に当たるべきだと思いますが、事実は切り捨てです。




創価学会体験記
スポンサーサイト
  1. 2005/07/01(金) 10:17:32|
  2. しんちょーそーかなど週刊誌ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HPに「殺す」予告 明徳義塾高の同級生刺傷 | ホーム | 元タイトル:日本人観光客誘致のため特別販促団派遣 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/4-027b700d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。