(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パラグアイ・ルケ市「池田博士公園」開園へ進む

創価学会ホームページ



創価の「希望の哲学」を世界中が讃嘆している。南米パラグアイ共和国のルケ市では、「池田大作博士公園」の開園に向け、各施設の準備が進められている。同国の「子どもの日」(16日)を記念し、2005年8月15日(現地時間)には、公園内の「児童遊園」の開設式が1000人以上の市民はじめ、地元自治会長、近隣の学校長らが出席し、盛大に行われた。

 池田SGI(創価学会インタナショナル)会長の平和行動を讃えて命名され、開園を待つ「池田大作博士公園」。
 いち早く開設された「児童遊園」には、ブランコやシーソーなどの遊具が置かれ、子どもたちの楽しい遊び場となる。
 開設式で、地元イタプアミ地区のフアン・カルロス・イバロラ自治会長は語った。
 「SGIの皆さまの協力を得て、このように素晴らしい施設を開設でき、感慨ひとしおです。SGIの皆さまの真心を深く胸に抱き、平和と文化のため、ともどもに進みましょう!」
 公園のあるイタプアミ地区には昨年、「牧口常三郎先生通り」「戸田城聖先生通り」「SGI通り」が誕生している。
 牧口通りと戸田通りの交差する地点にあるイタプアミ小・中学・高校のマキシモ・エスコバル小学校校長、ニディア・ロドリゲス中学・高校校長は語った。
 「公園の設置を、子どもたちは大変に喜んでおります。SGIの皆さまの平和の理念を学び、大きく成長していくことを期待します」
 パラグアイSGIのクリタ理事長が、関係者の思いを代弁した。
 「子どもは、平和・文化の種であり、将来の指導者です。その未来のリーダーが、仲良く、伸び伸びと遊び、よく学ぶことができるよう応援したいと思います」
 青年部の有志が、踊りや人形劇などを披露。子どもたちは、ピカピカの遊具で、元気いっぱいに汗を流していた。




パラグアイということはレコバの出身国か・・・・・自慢のフリーキックで池田のケツの穴にサッカーボールぶち込んでやればいいのにな。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/30(火) 22:19:06|
  2. しんちょーそーかなど週刊誌ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さっきから思うんだけど・・・・ | ホーム | 支那と日本のいたちごっこ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/342-64814da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。