(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

murmurブログ「創価学会と毎日新聞に電話したよー」のコメント欄、200超える

久しぶりにそこのエントリー見たらすさまじいことになっていた。

真鍋のトラックバック状態になっています。

300行くのも時間の問題なのかもしれません。

その中から気になったコメントをコピペ

はっきり言って不愉快です。そんなに創価学会をおとしめたいのですか?


「信仰の光が暗くなるにしたがって、人々の視野は狭くなる」民主主義社会の将来を案じ、こう警告したのは政治学者のトクウィルである。
「不信仰の時代」の悪弊は、「人々が自分たちの日常的な願望を、絶えず行き当たりばったりに求め」「偉大なもの平和的なもの永続的なものを全くつくりだそうとしないこということである」(井伊玄太郎訳)
行き当たりばったり。無責任な浮動票ごときに翻弄される日本の民主主義の体質を、ズバリと突いているではないか。
実際、近年の日本は、政策も実績ものない扇動家の口車に踊っては、議員の不祥事などで失望させられる繰り返しだ。
「不幸なめぐりあわせによって、無宗教と民主主義とが出くわしている国」(同)

Posted by 学会員です。 at July 08, 2005 03:54

犯罪の多発や青少年の荒廃なども含めて、都市社会の病根は宗教性の蔑視にある。
自分は何も行動しないくせに「信仰」を笑い「対話」を嫌い、何か裏があるんでしょ?と誹る猜疑家。そのくせマスコミには、ふらふら釣られる軽信家。
こんな都会人たちの度肝抜いた、「信仰の光」の大勝利!創価の民衆こそ、偉大なる民主主義の創造者だ。聖教新聞 破邪顕正より。
Posted by 学会員です。 at July 08, 2005 03:56



何にそんなに勝ちたいんでしょうか?
層化の民衆こそ民主主義の創造者だって・・・・そんなこと狂信者に言われる筋合いはないわけで。

お前はKKKかまったく。

関連記事

http://wilosn.blog15.fc2.com/blog-entry-20.html

http://wilosn.blog15.fc2.com/blog-entry-13.html

http://wilosn.blog15.fc2.com/blog-entry-8.html

http://wilosn.blog15.fc2.com/blog-entry-4.html
スポンサーサイト
  1. 2005/07/10(日) 11:49:07|
  2. しんちょーそーかなど週刊誌ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりに2ちゃんからアジアを見る | ホーム | 高校野球予選始まりましたwww>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/31-126f2b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。