(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピアノマン:謎どころか「医師らをかついでいた」 英紙

毎日新聞
毎日

22日付の英大衆紙デーリー・ミラーは、英国の海岸で4月に保護され、謎の「ピアノマン」として世界的に話題になった男性について、医師らを「かついでいた」と報じた。報道が事実ならこれまでの男性の振る舞いは芝居だったことになる。男性は最近、医師らに自分がドイツ人であることを打ち明け、ドイツに帰ったという。

 男性が入院していた病院関係者の話として伝えた。当初はプロ級と伝えられたピアノの腕前も実際は同じキーを繰り返したたくぐらいで、男性もそれほどうまくないことを認めたという。

 同紙によると、保護されてから無言を通してきた男性は今月19日、看護婦に「今日は話してくれるの」と問い掛けられると「イエス」と答え、病院関係者を驚かせた。

 男性はパリで働いていたが、職を失い、高速列車ユーロスターで英国入り。英南東部ケント州の海岸で保護された際は自殺しようとしていたと話し、渡された紙にグランドピアノの絵を描いたのは「最初に頭に浮かんだから」と説明したという。

 男性が言葉を発した理由について同紙は詳しく言及していない。また病院側が詳細な身元を明かしていないとして、男性の名前や年齢にも触れていない。男性は20日に空路帰国したが、病院側は男性に入院中の経費などを請求することも検討しているという。

 「ピアノマン」をめぐっては、「チェコ人」や「フランス人」など世界中から身元に関して1000件を超す情報が寄せられたが、いずれも別人と判明した。(ロンドン共同)





 ◇世界中から1000件を超す情報

 謎の「ピアノマン」をめぐっては、英国南東部の海岸で4月に保護されて以来、身元について世界中から1000件を超す情報が寄せられ、「チェコのバンド出身者」、「フランス・ニース出身の路上ピアニスト」などの情報が浮かんでは消え、謎は深まるばかりだった。

 男性は4月上旬、英ケント州の海岸を夜間に黒い服装でさまよっているところを保護された。男性は言葉を一切発せず、記憶喪失の可能性を指摘されたが、医師らが筆記具と紙を渡すと精巧なグランドピアノの絵やスウェーデンの国旗を描いたとされる。

 そこで、男性をピアノのある礼拝堂に案内すると、数時間にわたって演奏し続けたという。その腕前は「プロ並み」とも評され、世界中のマスコミが身元捜しに躍起になった。

 男性の容ぼうがチェコのロックバンドのキーボード演奏者に極めて似ているとの“有力情報”も寄せられたが、演奏者本人が情報を否定。

 スウェーデンや東欧の出身との可能性も指摘されたが、男性は東欧系の通訳を介した意思疎通にも沈黙を保ち、医師団は記憶を回復させようと音楽療法や絵画療法を試みていた。(ロンドン共同)

毎日新聞 2005年8月22日 11時09分 (最終更新時間 8月22日 12時20分)




東京新聞

ロンドン22日共同】22日付の英大衆紙デーリー・ミラーは、英国の海岸で4月に保護され、謎の「ピアノマン」として世界的に話題になった男性について、医師らを「かついでいた」と報じた。報道が事実ならこれまでの男性の振る舞いは芝居だったことになる。男性は最近、医師らに自分がドイツ人であることを打ち明け、ドイツに帰ったという。

 男性が入院していた病院関係者の話として伝えた。当初はプロ級と伝えられたピアノの腕前も実際は同じキーを繰り返したたくぐらいで、男性もそれほどうまくないことを認めたという。

 同紙によると、保護されてから無言を通してきた男性は今月19日、看護婦に「今日は話してくれるの」と問い掛けられると「イエス」と答え、病院関係者を驚かせた。

 男性はパリで働いていたが、職を失い、高速列車ユーロスターで英国入り。英南東部ケント州の海岸で保護された際は自殺しようとしていたと話し、渡された紙にグランドピアノの絵を描いたのは「最初に頭に浮かんだから」と説明したという。

 男性がこれまで沈黙を貫いていた理由や、なぜ今になって言葉を発したのかは不明。同紙は病院側が詳細な身元を明かしていないとして、男性の名前や年齢にも触れていない。男性は20日に空路帰国したが、病院側は男性に入院中の経費などを請求することも検討しているという。

 「ピアノマン」をめぐっては、「チェコ人」や「フランス人」など世界中から身元に関して1000件を超す情報が寄せられたが、いずれも別人と判明した。




朝日

英大衆紙デーリー・ミラー(電子版)は22日、同国南東部の海岸で4月にずぶぬれのタキシード姿で発見され、「沈黙のピアニスト」として話題を呼んだ男性が、実はドイツ出身でピアノも満足に弾けないと入院先の病院医師らに語っていた、と報じた。同紙は、男性が芝居をして医師らをかついでいたと伝えている。

 同紙が病院関係者の話として報じたところでは、19日に看護師が「今日は話してくれますか」と声をかけると、それまで一言も発しなかった男性が「話しましょう」と答えたという。

 医師らに自分は同性愛者でパリで働いていたが失業し、英仏を結ぶ特急ユーロスターで英国に渡ったと語った。プロ級と伝えられていたピアノの腕前も、実際は同じ鍵盤を繰り返したたく程度だと告白した。男性はかつて精神障害者とともに仕事をしたことがあり、医師らをだまそうとして障害者のまねをしたらしい。男性は20日に帰国したという。

 男性がなぜ語り出したのかについて、同紙は明らかにしていない。また、男性の名前と年齢にも触れていない。

 英メディアのこれまでの報道によると、男性が発見された当時、病院側は身元を特定しようと、鉛筆と紙を渡したところ、男性は細かい筆致でグランドピアノといすを描いた。また、ピアノの前に座ると、クラシックの曲を2時間以上にわたって演奏したと伝えられ、フランスの大道芸人とか、チェコのコンサートピアニストではないかなどの憶測が流れていた。




読売

【ロンドン=飯塚恵子】英大衆紙デイリー・ミラー(電子版)は22日、英南東部ケント州の海岸で4月初めに保護され、「謎のピアノマン」と言われた身元不明の男性がドイツ人で、一言もしゃべらなかったのは医師らをかつぐための芝居だったと報じた。男性は20日、ドイツに飛行機で帰国したという。

 同紙によると、男性は19日、病院職員がいつも通り「きょうは話をしてくれる?」と語りかけると、「はい。そうしましょう」と初めて口を開き、自らの正体について告白した。

 それによると、男性は同性愛者で、パリで失業し、4月に高速列車に乗って英国入りし、自殺を図ろうとしていた。

 男性については、当初、「身元を尋ねられると、無言でピアノの絵を描き、見事なピアノ演奏を披露した」とされていたが、実際には、ピアノは同じキーをたたき続けるだけで、ほとんど演奏できなかった。ピアノの絵は「最初に思いついただけ」と話した。

 男性は以前、精神医療関係の仕事に就いていたことがあり、2人の専門医や看護婦らはまったくだまされてしまっていたという。英医療当局は、4か月余りの診断費、入院費などの返還を求め、男性を訴えることを検討している。

 男性について各国メディアが大きく報じたため、世界中から身元に関する情報が1000件以上寄せられたが、これまで身元は特定されなかった。



一時話題騒然だったので再うp。

朝日と読売はピアノマンは同性愛者だと伝えている。

結局は芝居だった。

これが真相
スポンサーサイト
  1. 2005/08/22(月) 13:16:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ルーシーブラックマン殺害事件 | ホーム | インドにも韓流ブームを車を使って普及するニダ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/277-a712b22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。