(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝日・毎日新聞を「中国の手先」「売国奴」と罵倒する・・戦争体験、無関心と「冷笑」との闘い

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1299443/detail



終戦から60年の年月が過ぎ、人々の戦争体験の風化が進んでいる。
それに加えて「過去の歴史に対する無関心」と「歴史の美化、捏造」が
表裏一体となって進行している気がしてならない。
茨城県水戸市で行われた「茨城県原爆死没者追悼慰霊式」会場に
若い世代の姿は、報道関係者を含めてもわずかしか見られなかった。

その一方で書店には偏狭なナショナリズムを煽り、
日本が行った過ちを美化する雑誌や書籍が販売されている。

インターネット掲示板「2ちゃんねる」では、
見るのもはばかれるような中国人や韓国・朝鮮人、アジア諸国の人々に対する侮べつの書きこみが散見され、
朝日新聞や毎日新聞などの一部報道機関を「中国の手先」「売国奴」と罵倒するありさまだ。

記者が現役の大学生に聞いた話によると「政治に関心のある学生ほど右寄りの傾向が強く、その割合が増えている」といい、
「SAPIO」などの保守系雑誌を好んで読むという。
政治に関心のある層と無い層の二極分化に加え、
関心のある層は保守化が進んでいるという現状では
「戦争反対」「核の無い社会を」という訴え自体が伝わりにくくなってきている。

無関心層に対し、いかに効果的に「反戦・平和」を訴えるかがこれからの重要点になるが、
もしうまくいかないと、戦争体験者が抱いている杞憂(きゆう)が現実となりかねない。
その杞憂とは「戦争のできる国」「モノが言えない国」に成り下がることである。
この杞憂を、決して「現実」にしてはならない。



事実じゃないか。あとアジア諸国という言葉が余計。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/20(土) 23:34:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国、火病で地下鉄炎上 | ホーム | TBS NEWS23キャスター筑紫哲也 元朝鮮人疑惑 それに対して電凸した勇士にGJ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/268-c4e7e720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。