(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日韓】「マンガ嫌韓流」作者、韓国MBCからインタビューを受ける …聯合電★4[08/18]

ソース:聯合ニュース(韓) 05/08/18
http://www.yonhapnews.co.kr/news/20050818/030000000020050818151010K5.html

(ソウル=聯合ニュース) = 韓国人を嫌悪する「マンガ嫌韓流」の作者、山野車輪が、従軍慰安婦問題は
捏造だと主張した。
 彼は「自分なりに調査した結果、従軍慰安婦問題は捏造という事実が分かり、その捏造は日本で
始まったということが分かってひどい衝撃を受けた」とし、「韓国に捏造と偽りがはびこっているということが
頭に来て、このマンガを描くことを決心した」と明かした。
 これは、山野車輪が19日午後11時45分に放送されるMBC(訳注:文化放送。MBC南日本放送や
QR文化放送とは無関係)の海外時事番組「W」とのFAXインタビューで「嫌韓流」を描くようになった
理由を問う質問に答えた内容だ。 彼は、日本でどんな反響を予想したのかを問う質問に「短期間に
これまで売れた理由として、韓国に対する違和感が
多くの日本人の間に広がっているからではないかと思う」とし、「韓国に対してあきれている日本人は
私が思っているよりはるかに多かったのかも知れない」と話した。
  彼は「韓国は日本の教科書に不満を抱いているが、韓国では子供達が日本を憎悪するように
反日教育が行われているということを多くの日本人たちが知っている」とし、「韓国を嫌がる日本人が
現在急増していると感じる」と主張した。
 また韓流ブームに対して「数年前から日本ではマスコミ主導で「韓流ブーム」が演出されて流行っているし、
これに対して違和感を持っている人も多い」と、蔑(さげす)んだ。
 彼は「嫌韓流」に対する韓国での反発に対しても理解することができないという反応を見せた。
彼は「この本は日本だけで販売されているのに、韓国人は内容も分からないのにどうして反発をするのか
全然理解ができない」とし、「マスコミがひどい本だと報道している」という理由だけで真偽を確認しなくて
反発しているならば、日本とは国民のレベルが違い、愚かで可哀相な民族で外を見ることができない」
と話した。
 続けて彼は「韓国の意味不明な歴史的主張や捏造、日本文化のパクりというこっけいな行為がなかったら、
こんなにまで歴史に興味を持たなかった」と言い、「そういう意味では韓国に感謝している」と皮肉った。
 今度取材のために日本に行ってきた「W」の金PDは「多くの話題になっているが、この本の実体と
著者の意図については正しく知らされたことがなく、これを追跡するようになった」とし、「嫌韓流」の出版社と
作者を直接インタビューしようとしたが、彼らは文書を通じた接触にだけ応じた"と話した。
 金PDは「概して日本文化界、出版界では『嫌韓流』に対して完成度が低いという評価を下していた」とし、
「『嫌韓流』の出版社も右翼志向の出版物をたくさん発行している所」と話した。
 一方、韓国と韓国人に対する歪曲された主張を込めている「嫌韓流」は7月26日に日本で発行されて
ベストセラーになったマンガ本で、日本でも多くの出版社から出版拒否され、晋遊舎から出版された。




山野車輪よく言った。ただ文面が気に入らない。聯合少しいじったかな。

26 :韓国の近代史まとめ(改善求む):2005/08/19(金) 01:23:35 ID:4N7RLqxk
李氏朝鮮鎖国 (清朝の属国)
  ↓
欧米列強による東アジア植民地化の波を恐れた日本が、李氏朝鮮に独立国として開国したうえで提携するよう圧力。
江華島事件(朝鮮からの砲撃事件)により日本主導で日朝修好条規を結ぶ。
  ↓
ところが閔氏一族は、親日派政策から清への事大政策へと方向転換。またもや、土下座外交を始める。
朝鮮国内でも怒り爆発!甲申政変が、起こるが清に潰される。
またもや日本に、頼る
  ↓
日本は、両軍引き上げようと提案するが、清は増兵してくる。豊島沖海戦勃発するが、世界は日本を支持。
国際法に何ら違反していないことを、宣言
  ↓
日清戦争開戦
 ↓
馬鹿な王室は、今度はロシアに事大し始める。途中、怒り爆発中の朝鮮一般市民に閔妃(明成皇后)殺害される。
  ↓
日本、清に勝ち「下関条約」で、独立国を認めさせ、属国から解放する(朝鮮人大喜びで、独立門を作る)
この条約後、李氏朝鮮は歴史上始まって以来、中華の属国ではなく、初めて独立国大韓帝国と国名を変える。
  ↓
ロシアが南下してきて朝鮮の北半分ヘの影響力を狙い、脅迫。日露戦争開戦。
朝鮮人5万人も日本と一緒に阻止する。いっぽう、高宗はロシアに密書を送り、国を売ろうとする。
  ↓
馬鹿に国を任せることは出来ないので、「一進会」が、日本に併合を申し込む。
  ↓
併合反対派の伊藤博文が殺される。日本は日韓併合に傾く。
  ↓
朝鮮併合。日本の税金で鉄道、道路、電気、学校、病院、工場、農地改革。人口が2倍に。
  ↓
日本第二次世界対戦勃発!朝鮮人は、終戦間際まで強制徴用・徴兵はなかった(志願兵は多くいた)。
徴兵された朝鮮人の多くは、訓練中に戦争終わる。
  ↓
朝鮮アメリカに占領されて、アメリカに事大する。が、中国軍が南下、北朝鮮軍となって、韓国人を大量虐殺。
アメリカ人が必死で抵抗。韓国を守り、38度線が引かれる。
  ↓
アメリカの占領が終わり、独立国になる。
  ↓
アメリカから独立する際、アメリカが渡さなかった竹島を不法占拠。国際司法裁判所には出廷拒否。
多くの漁民を拉致し、人質(殺害される漁民も多数)に、戦争もしていない国が世界で初めて賠償金を要求。
現在の貨幣価値で12兆円以上の金額を「日韓基本条約」で、得る。
  ↓
そして現在。
朝日新聞が作り出した「従軍慰安婦」や、中国映画「マルタ」を信じ込み、反日運動を繰り広げる。
日本からの賠償を経済援助の形で莫大に受けるが、韓国国民には一切知らせず。
「日韓基本条約」により、以後の請求権 がなくなったことも韓国国民は知らなかった。
日本国内では99%以上が戦争と関係ない朝鮮人が、在日として存在し、1兆円以上の税金を毎年食いつぶす。
韓国からの武装強盗が、月100件ペースで、女、子供、老人を襲う。ビザ無し渡航にしてから、犯罪も大幅UP。



62 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 02:03:24 ID:816Noyxf
>>52
うちの爺さんは死んでしまったが、南太平洋にいたらしく
生前は「アメリカは強かった。あいつらはスゴイ。連中とは戦わんほうがいい」
とよく言っていたが、その後必ず「朝鮮人とロシア人だけは絶対に信用するな」と
言ってたよ…お盆とかに帰って、戦争の話をするときは必ず言ってた。


68 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 02:13:11 ID:qzSNlzci
>>62

俺は、ここの新人。この間、親父が言っていたが、戦後朝鮮人が
大暴れして無政府状態だったのを、ヤクザたちが鎮圧したとのことだ。
神戸で、山口組が巨大組織になったの、その辺に理由がある。
無知な俺は、目からうろこが落ちる思いだった。



72 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 02:15:26 ID:gXM2u3bi
>>68

東京渋谷も同じでした。 
警察は無力で守ってくれなかったため、帝大卒だった日本人が
立ち上がって渋谷を守ったのですが、その人は最後は殺されてしまいました。


208 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 03:46:24 ID:8U2DxEnm
これ、分かり易いのでコピペします。ここさえ押さえていれば物の見方はぶれないし、ホントに何が起きてるのかが分かる。

135 名前:文責・名無しさん 投稿日:05/01/03 03:38:47 ID:zOPzx2Q+
朝日が日露戦争をマンセーした事をもって保守化したとか言ってる奴がいるが、日本の思想対立の構造が
分かってないな。日本の対立構造は

親大陸派=親アジア主義、親儒教、親社会主義、親官僚制(=中央集権) 親全体主義、親人治主義



親英米派=親国際主義、親資本主義、親封建制(=地方分権)、親自由主義、親立憲主義

なんだよ。

親大陸派は天皇制を認めるかどうかで国家社会主義(親ドイツ)か共産主義(親ソ連)に分かれ、親英米
派は伝統の重視の度合いで保守主義と自由主義に分かれる。

今風の言葉で言えば、反米保守は親大陸派で、親米保守は昔ながらの親英米派なんだよ。両者は戦後、
反共産主義という一点で手を組んだ訳だが、元々は水と油。共産主義が崩壊した90年代以降、元の親大
陸派vs親英米派の構図に戻っただけの話。戦前の革新官僚や軍部の中に国家社会主義者に偽装した共
産主義者が沢山いたってのは有名な話で、この両者は天皇の扱いを除いては対立点はないから、転向は
簡単。西部邁、小林よしのりも何度も転向してるでしょ。でも、親大陸派は絶対に親英米派にはなれない。
逆もしかり。根本の思想が違う。



209 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 03:46:42 ID:pCmQwiUe
英霊を十派一絡げにしてもしょうがないだろ。
その時は大東亜共栄が絶対正しいと信じてても、関わってみてこんなはずじゃなかったと
個人的に思ってた人もいたかも知れない。現に当時の体験者で生きてる人間でも
朝鮮人には嫌悪を催すという御仁もいるだろうし。


210 :河内国衆 ◆HtfWU.5mZM :2005/08/19(金) 03:48:15 ID:jxl9Xoa1
>>204
まぁ、右翼っていう表現が適切でないのなら、保守主義って言い換えた方が良いのかな?


211 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 03:48:18 ID:7vmVYNYS
>>202
右翼の本分とはまず己がはぐくまれた共同体の伝統を保守することだ
だからアメリカの草の根保守とかは村単位で自治、政府の意向も無視、
共同体で自警団から民兵まで作って独立的にやっている
もちろんある程度の権限は州政府から連邦政府にまで委ねる必要もあるが

日本の場合は国力が薄弱だったし西欧の圧力も強かったから
この共同体の域を一時的にまずは国家に広げる必要があった
右翼=国家主義というのはここの誤解から来ている
ついでそれは列強の圧力下、アジアにまで広げられた、ということだ

現在政治も経済も事実上アメリカのいいなりと蔑まれている現状を
打破するためにはふたたびこの拡張の理念に立ち返る必要がある
それがひいては己のはぐくまれた共同体を護持することだ



>>203
最終的にはそうあるべきだな


212 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 03:50:24 ID:rY1vbyXP
> 続けて彼は「韓国の意味不明な歴史的主張や捏造、日本文化のパクりというこっけいな行為がなかったら、
>こんなにまで歴史に興味を持たなかった」と言い、「そういう意味では韓国に感謝している」と皮肉った。

ふふ、半頭人は多くの日本人が作者と同じ理由で歴史に興味を持ち始めると
いうことが信じられないらしい・・・



213 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 03:51:48 ID:pdC87UT7
>>211
過ちを改めないってのは馬鹿の中でも最悪の部類の馬鹿だぞ


214 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/19(金) 03:52:05 ID:+OUP77kh
>>180
はっきり言って179でFAなのだが、真面目に悩んでいるようなのでレスする。
まず、日本の近代化の原動力に西洋列強による植民地主義の脅威があるということが大前提。
技術力・軍事力・国力全てが圧倒的に勝っているヤツラが勝手にルールを決めて
そのルールを守らないヤツを攻め立ててガッシガッシ隷属化している時代背景に於いては、
対抗するための力をつけなければやられちまう。
そー言う緊迫した状態の中では何を置いても奴等のやり方・力を学ばねばならない。
しかしながら、西洋文明の脅威から目をそらして自分達の世界の中で閉じこもっているだけの
中国・韓国に付き合っていたらこっちまでが「巻き添え食っちまう」。
だから、守旧的な「亜細亜的なものから脱し、西洋化せねばならない」のが「脱亜論」。

何だかんだ在って、紙一重で列強と張り合えるようになったのはイイが、結局世界は
白人種優先の秩序によって動かされている。白人種による有色人種への侮蔑的思想・政策は
いかんともしがたく、国際社会に於いて日本一国のみで対応するのは困難である。
かくなる上は迫害されている亜細亜の同胞と一致団結し、彼らと共に立ち上がり
旧国際世界の秩序に立ち向かい、新たな新世界秩序の創造を目指すべし。
と言うのが「大東亜共栄圏」。

1.「脱亜論」の時点ではそもそもが他の国を植民地にするなんて発想や余裕すらありえなかった点。
2.「大東亜共栄圏」は日本的な「同化」の感性のすれ違いや、実施面での矛盾は確かにあったが
 基本的に植民地化されている地域の民衆の教化を行い、白人支配の国際社会を解放しようと
 言う理念があった。
 (だからこそ、当時のほかの西洋諸国の植民地のような扱いをせず、持ち出しで赤字になるような
  開発を支配地域で行ったわけだ)

1.2の点を抑えてもらえば、脱亜論が大東亜共栄圏の前段階の計画であるような考えは違うと言う事が
分かってもらえると思う。


215 :214:2005/08/19(金) 03:53:03 ID:+OUP77kh
1.2の点を抑えてもらえば、脱亜論が大東亜共栄圏の前段階の計画であるような考えは違うと言う事が
分かってもらえると思う。

あと、当時の日本がやたら好戦的で江戸時代末期から周辺諸国に噛み付いていったように思われて
いるようだが、実際は上記のごとく受身の(ある意味情けない)姿勢が根本にあった。
受動的な切欠ゆえに国際社会の領土拡張戦争に乗り出していった訳だ。

これに比べれば、更に昔の信長や秀吉のほうが自主的な分、ナンボか好戦的だと俺は思う。
近年の日本批判の文脈では徳川の閉鎖性がブッ叩かれ、信長の開明的な姿勢が大いに
もてはやされているのが常なのであるが、俺なんかは
「それって戦国時代に大航海時代のムーブメントに乗っかってあちこち支配しとけばよかったと
 おんなじこと言ってね?」と疑問に思っている。

現代を起点にして逆説的に物事の原因を求めると間違った結論を見出すと言う事に気をつけて欲しい。
結果ありきの帰納法ではなく、自称の積み重ねの演繹法で解を導いて欲しい。


スポンサーサイト
  1. 2005/08/19(金) 09:25:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日中】F1ドライバーの佐藤琢磨ら「中国人被害者に補償を」【8/15】 | ホーム | 日韓ネチズン、日韓基本条約でヒートアップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/256-9c7636c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。