(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【GHQ】731部隊の実験結果を買っていた…米公文書で明らかに[8/14]

1 :玄武φ ★ :2005/08/14(日) 21:38:38 ID:???

■731部隊に現金供与 米、細菌兵器開発を優先

 【ワシントン14日共同】第2次大戦中に中国で細菌による人体実験を行った旧関東軍防疫
給水部(731部隊)の関係者に対し、連合国軍総司令部(GHQ)が終戦2年後の1947年、
実験データをはじめとする情報提供の見返りに現金を渡すなどの秘密資金工作を展開して
いたことが14日、米公文書から明らかになった。総額は、国家公務員(大卒)の初任給ベー
スで比較すると、現在の価値で2000万円以上に達する。

 人体実験で3000人ともいわれる犠牲者を出した同部隊をめぐっては、GHQが終戦直後
に戦犯訴追の免責を約束したことが分かっているが、米国が積極的に働き掛ける形で資金
工作を実施していた事実が判明したのは初めて。文書は、米国が731部隊の重大な戦争犯
罪を認識していたにもかかわらず、細菌兵器の開発を最優先した実態を記している。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005081401005912

2ちゃんねる
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1124023118/

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1123123491/


1 :科学屋さんφ ★ :2005/08/04(木) 11:44:51 ID:???

 細菌兵器開発のため人体実験を繰り返したとされる旧関東軍防疫給水部(731
部隊)の部隊長・石井四郎軍医中将の署名が表紙に記された未公開ノート2冊が、
側近だった夫妻の自宅から見つかった。石井氏は戦後、連合国軍総司令部(GHQ)
に資料を提供し、戦犯の訴追を免れたが、これまで本人の手記は見つかっていない。
直筆ノートならば、GHQにも明かさなかった終戦後の足跡や内面を記した貴重な
一次史料ということになる。

 A5判の大学ノート。表紙に鉛筆で「1945―8―16終戦当時メモ」「終戦メモ
1946―1―11 石井四郎」と記され、終戦直後に書き留めた備忘録とみられる。
在米ジャーナリストの青木冨貴子さん(57)が東京都内の元側近宅でノートの
ことを知った。

 元側近の妻によると、石井氏は戦後まもなくこの元側近宅を訪れ「アメリカ人が
来て没収すると困るから」とノートを預け、59年の死去まで返還を求めなかった
という。

 青木さんは米国立公文書館の文書をもとにノートを分析し、「ごく少数の関係者
しか知らない部隊幹部の住所など、本人でないと知り得ない事実が書いてある」
ことから直筆ノートと判断。石井氏が部隊を創設し、戦後に訴追を免れるまでの
経緯を5日発売の著書「731」(新潮社)にまとめた。

 ノートは略語や隠語を多用した断片的なメモの羅列のため、青木さんは当時の
史料とつき合わせて解読を試みた。

ソース:朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0804/TKY200508030366.html


2 :科学屋さんφ ★ :2005/08/04(木) 11:45:03 ID:???
>>1の続き
 ■「1945」メモ

 記述は敗戦翌日から始まる。ソ連が対日参戦し、8月9日に旧満州に侵攻すると、
石井氏は東京から駆けつけた司令官に、一切の証拠物件を雲散霧消させるよう命令を
受けた。ノートには〈新京(現長春)に軍司令官当地訪問/徹底的爆破焼却、且、
徹底防諜を決定す〉と記されている。

 しかし石井氏らは大量の病理標本や浄水機などの機械類、ワクチンなどを持ち帰った。
ノートには〈抽出持込〉〈搬出積込〉と記され、命令を受けた直後から資料を持ち出す
作業に取りかかったことになる。

 石井氏の帰国経路をうかがわせる記述もある。8月16日、〈新京 停車場貴賓室に
徹夜〉。そこから釜山に到着し、貨物船を手配。〈26/8 医務局〉とあり、8月
下旬に東京に戻り、26日に陸軍省医務局を訪れたようだ。


3 :科学屋さんφ ★ :2005/08/04(木) 11:45:15 ID:???
>>2の続き
 ■「1946」メモ

 石井氏が自宅蟄居(ちっきょ)中に書いたとみられる。

 〈連合国20/11招待時の買出し一覧表〉と記され、GHQ詰めの米国人将校の
名前がある。青木さんは「石井が45年11月20日に将校6人を自宅に招き会食した
と考えればつじつまが合う」と語る。

 会食時の米軍将校らの会話の内容とみられる個所もある。〈ミスター・イシイを知って
いるか まだ満州にいて帰らぬ〉などとある。「GHQの一握りの幹部は45年秋から
石井の所在を知っており、会食にまで応じながら、尋問のため石井を探し回っていた
GHQの調査担当者には隠していたのではないか」と青木さんは推測する。




731部隊・・・・・なかなか歴史で語られない部分だよね。中国は靖国云々は言ってるがなぜかこの部分は表に出てこない。なにか理由でもあるのかな



189 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/06(土) 12:00:07 ID:cxn8eU+N
http://www.kinaboykot.dk/video.htm
チベット人虐殺の動画




192 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/06(土) 12:38:53 ID:o9YG9NkX
「中帰連だ」と恥ずかしげもなく言う篠塚良雄(81)

「731部隊に志願して入ったのは1939年」と朝生で発言した篠塚良雄(81)

医学部出身でも無く、医療の知識が無いのに保菌部隊に入れる篠塚良雄(81)

よくよく計算すると、志願した当時、なんと14歳だった篠塚良雄(81)w


731部隊は保菌部隊で医療班なんだから知識が無いガキがよく入れたものですw


193 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/06(土) 12:54:48 ID:oW6CRQYK
日本刀で100人斬り殺せるほどの戦闘力と有り余る予備の日本刀をもち、
銃剣と単発銃のみで40万人殺すなど原爆以上の破壊力を持つ携行兵器を誇り、
各植民地で無駄に現地人を殺してまわるほど武器弾薬が余っていて、
揚子江の川幅を2m以下にしたりするほどの高い土木技術を持ち、
沖縄で米軍上陸後も市民に玉砕命令が出せるほど命令系統がしっかりしていて、
日本兵の数を上回るほどの従軍慰安婦を一日に一人あたり何十人も暴行するほど体力と食料があって、
開戦前からオランダ占領時のインドネシアにも日本軍用の慰安婦を送り込むほど先見性があり、
AVが無かった時代にも関わらず慰安婦に顔射するほど独創性に富み、
韓国で文化施設はもちろん一般家庭にある辞書から料理本に至るまで処分してまわるほど暇で、
保護するために植民地ではなく併合したにも関わらず、
韓国の運気を捻じ曲げるために、山の頂上に鉄杭を埋め込むほど風水に明るく、
当時の朝鮮の人口のおよそ半数近くを日本へピストン輸送するほど燃料と船舶が豊富で、
中国で家々に火を放ちまくり無駄に虐殺した民間人の死体を一カ所に集めて、
たっぷりとガソリンをまいて燃やすほど石油資源に余裕があり、
韓国の優れた建築施設・街・鉄道を全て接収することなく破壊し尽くした上、
新たに日本の駄目な建築物に建て替えるほど資源と資金が有り余っていて、
11歳が戦場で暴れ回るほど若い内から逞しく、
14歳で高度な医学知識が必要な防疫給水部隊で活動でき、     ←追加
終戦後になぜか強制連行を行いまくるほどの軍備と余裕があり、
圧倒的科学力を誇る朝鮮の反日勢力になぜか圧勝するほど運がよく、
朝鮮人を殺しまくりながら人口を2倍にするという魔術を持ち、
敗戦国でありながらGHQを手玉にとって
朝鮮戦争を起こすようコントロールするほど政治力と外交能力に長けた日本が敗戦したことは
歴史上最大のミステリー。



195 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/06(土) 15:24:55 ID:WqhBJdpJ
あーらら。

北京TV「盧溝橋事件は支那共産党地下党員がまんまと引き起こした」と報道
ttp://usam.blogtribe.org/entry-ab5da5fe2dc41716359b819172eefbab.html

2005年7月3日、支那のTV局北京電視台の午後4時からの番組「社会透視」内で、支那
事変の発端となった1937(昭和12)年7月7日の盧溝橋事件は、北京守備隊支那国民党軍
第29軍に潜入していた共産党地下党員『吉星文』『張克侠』『何基?』らが引き起こ
し、まんまと抗日戦争へと発展させる事に成功したと報道した。

盧溝橋事件は、国際法や慣習に則ってちっとも侵略しようとしない日本に対し、
痺れを切らした支那共産党による謀略だったとはっきりした。




203 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/08/07(日) 21:01:01 ID:LhZ4pps4
今日マンガ中国入門を買って読みますた。

思ったこと。

やっぱり中国は大きな北朝鮮。都市部がいくら繁栄していても中身はグダグダ。
中国の言うことは全く信用ならない。
南京大虐殺はデッチアゲ。歴代王朝が繰り返した自分達の大虐殺を元にして日本のせいにしている。

731部隊は中国軍による細菌兵器の攻撃に対処するための研究部隊。
日本側には中国軍のBC兵器の攻撃による被害が出ていた。
中国で持っていた研究設備は中国軍が日本軍に使用するために持っていたBC兵器
研究施設を制圧、没収したもの。
これによってBC兵器の研究実験は行ったが実用には至らなかった。

あと、盧溝橋事件から第二次世界大戦まで、日本は中国共産党に陥れられた部分も大きい気がした。
理由は対戦中に共産党がほとんど国民党軍を助けず自軍の勢力拡大を図ったことと
戦後、毛沢東が「日本の皇軍なしに我々は権力を奪取することは出来なかった。」と発言したこと。
>>195のような報道や、最近判明した蒋介石の日米和平交渉潰しもこの流れに矛盾しない。
蒋介石は共産党と抗日統一戦線を約束した時点で共産党の術中にはまり利用されて
日米和平交渉を潰す工作に出た可能性が高いと思う。
つまり米国を参戦させることで、日本に敗戦することを避けつつ国民党軍を消耗させたということ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/14(日) 22:15:53|
  2. 国内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【政治】「北朝鮮は気違い」 中川経産相が発言 | ホーム | アジア記者クラブ2005年8月定例会「創価学会による政・官・司法・マスコミ支配の真実を語る」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/230-16919c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。