(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これで堂々と休める?ズル休みの女性職員を停職3カ月

これで堂々と休める?ズル休みの女性職員を停職3カ月
 

大阪府大東市は1日、「子供が病気」とうそをついて欠勤や休暇取得を繰り返し、ショッピングなどに出掛けていたとして、市民課の女性職員(30)を停職3カ月の懲戒処分にした。

 市によると、欠勤は2000年6月から05年6月までに計46日に上り、子供を看病する看護休暇の不正取得も計6日あった。職員は「自分の休息や、ストレス発散のため百貨店で買い物をしていた」と話しているという。

 6月24日にも職員から「子供が熱を出したと学校から連絡があった」と電話があり、早朝だったため不審に思った人事課が学校に照会し、うそが発覚したという。

ZAKZAK 2005/08/02



大阪の行政って何でこんなに腐ってるんだろう?

この前もこんな事件起こしたし。

大阪市が職員に制服として支給したイージーオーダースーツの納入をめぐり、市民団体「おおさか市民ネットワーク」(同市)が、業者間で談合があった疑いがあるとして公正取引委員会に調査を申し入れ、公取委は8日までに調査を始めた。
 申し入れ書によると、毎年同じ業者が落札したり、特定の2社が交互に落札しており「公正な競争が行われているとは考えられない」として排除勧告を求めている。
 市の入札記録によると、2004年4月1日に行われた男性職員用のスーツ入札には、大手百貨店など14業者が参加。全業者が予定価格を上回る価格を示したため再入札が実施されたが、1回目に最低価格だった業者以外の13業者がそろって辞退した。
 市の説明では、1999年度から04年度に実施されたスーツの入札計31件のうち10件以上で、同様に途中で大半の業者が辞退、最初に最低価格をつけた業者が落札する不自然な結果になっていた。

スポンサーサイト
  1. 2005/08/07(日) 03:28:48|
  2. 国内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国人女性33人が、ウルルン島から独島までをリレーで泳いで渡り | ホーム | 中国の環境汚染の異常性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/197-c6bb1e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。