(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我々はこれかも日本にたかり続けるアルヨ

「文化の差」口実とする戦争責任の回避、無責任 

イスラエルを公式訪問中の趙啓正・国務院新聞弁公室主任は2日、テルアビブで中国大使館による「世界反ファシスト戦争および中国抗日戦争勝利60周年座談会」に出席し、次のように表明した。
 中国人とユダヤ人は第2次世界大戦で似たような境遇に面した。中国の抗日戦争は世界反ファシスト戦争の一部であり、中国人は世界反ファシスト戦争のために重要な貢献を果たした。

 抗日戦争中、日本は兵力の圧倒的多数を中国の戦場に配備した。また、半分以上の日本兵が中国の戦場で殲滅された。これは日本の国力を消耗させ、他国を攻める力を失わせた。したがって、世界反ファシスト戦争における中国人の役割を無視することはできない。

 少数の日本人が文化的差異を理由に日本の戦争責任を回避しようと企んでいるのは、非常に無責任だ。中国政府の政策は引き続き日本人との長期的な友好関係を保つことだ。これは中日両国の共同発展に有益である。(編集NA)

「人民網日本語版」



突っ込みどころ満載の文章だ。

まず我々は勇敢に戦ったおかげで日本を鎮圧することに成功したアルヨ。
我々は勇敢だったという所が思いっきり前面に出ている。

長期的友好関係
>あひゃひゃ、たかるよたかるよといってるようなもんじゃないか~

過去のことは歴史の専門家に任せるとしていつまでもたかろうという根性が許せない。中国には戦争のお詫びとしてODAたくさん払って国の発展に寄与したし、今なんかものすごい成長だ(もうすぐあぼーんするけど)

シナよ、いい加減自分の足で立ちなさい。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/06(土) 15:59:09|
  2. シナちく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<黙とう>甲子園で広島代表校が提案、高野連が制止 | ホーム | 中国のハッカー組織(メンバー35000人)が日本へ大規模攻撃の可能性 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/189-0c075c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。