(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

】【6カ国協議】日米vs南北~北の人権めぐり対立 「決裂の理由にも」と韓国高官[7/28]

朝鮮日報

■南北対米日、「北の人権」めぐり対立
南北、人権問題に沈黙…協議決裂の理由として使われるかも

 6か国協議参加各国の首席代表らが27日発表した基調演説では、北朝鮮の人権状況の改
善をめぐる対立の構図が歴然と明らかになった。
 米国、日本と南北が対立するかのような構造だ。米日は今回の6か国協議共同合意文に
北朝鮮の人権問題を盛り込むべきだという立場である反面、南北は人権問題に触れていない。

 同日の演説で、米国のクリストファー・ヒル首席代表は、6か国協議の原則に関する合意文
作成を提案し、合意文に北朝鮮の核廃棄以外に、「参加各国は平等かつ相互尊重の原則に
基づいて、ミサイルおよび人権など、両国間、または多国間の懸案を解決していく」という条
項を盛り込むことを主張した。
 日本の佐々江賢一郎代表は、「米朝、日朝間の関係正常化の条件であり、国際社会の関
心事である人権、人道的問題など、懸案の包括的な解決も共同文献に盛り込まれるべきだ」
とし、「日本は6か国協議と(朝日)双方の接触を通じて核、ミサイル、拉致問題など懸案を包
括的に解決し関係の正常化を実現するという方針に変化はない」と述べた。
 しかし、 韓国側の宋旻淳(ソン・ミンスン) 首席代表は、北朝鮮の人権、ミサイル問題には
触れず、「北朝鮮の核問題に全力を尽くすべき」と述べただけで、北朝鮮の金桂(キム・ケ
グァン)外務次官は人権について一切言及をしなかった。

 政府当局者は「6か国協議の本格的なスタートを知らせる基調演説で韓米日の見解の違い
が公開的にはっきり浮き彫りになったことによって、今後の意見のすり合わせが容易ではな
いものと見られる」と見通した。
 北朝鮮が今のところ反発してはいないが、北朝鮮の核の廃棄や補償のかけひきが、思うよ
うにうまく進まない場合、いつでも米日による人権問題提起を理由にし、協議の席を蹴る可能
性があるためだという。
 鄭東泳(チョン・ドンヨン)統一部長官が26日、「実際に蓋を開けてみると、最初から深刻な
難問が予想され、簡単ではないと思った」と述べたことも、こうした状況と関連があるという分析だ。




がんばれアメリカ、日本。引いちゃダメだ。

中国もさっさと終わりにしたいんじゃないか?
スポンサーサイト
  1. 2005/07/29(金) 21:51:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日韓】海峡沿岸 韓国の道知事ら「歪曲教科書不採択を要請」 - 滋賀・福岡・長崎・山口県知事に[07/29] | ホーム | 【6者協議】米、「ウラン核開発」証拠を北に提示 [07/29] >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/130-faf214ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。