(チラシの裏 )私の一言メモ

コピペとグぐるの繰り返し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブックファースト銀座コア店言論弾圧の疑い?嫌韓流を売らずに倉庫に死蔵の疑い

ソース

mumurブログコメント欄

2ちゃんねる電話突撃依頼所8

682 :マンセー名無しさん :2005/07/26(火) 14:14:12 ID:VvX4uyn3
マンガ嫌韓流の発売に関して以下のような報告があります。


515 名前:亜細亜の心 本日のレス 投稿日:2005/07/26(火) 13:18:03 ooUE6Gco
さて、本平成17年7月26日12時少し前、記念すべき「マンガ嫌韓流」発売日に
銀座通りに面した銀座コア6階に店を構える「ブックファースト銀座コア店」であった
ちょっと気になる出来事をご報告。

店内を見回したところ、「マンガ嫌韓流」が置かれていなかったので
備付けの書籍検索システムでチェックすると、「在庫あり」の表示。
「おお、あるんだ」と思ってプリントアウトし
レジにいた女性店員(店員Aとしよう)に「この本何処にありますか」と質問。
すると店員Aの顔色が変わって
「申し訳ありません、この書籍は担当者の判断で問題があるということで返本になっていますので、お取り寄せということになります。」
という予想もしなかった返答が・・

「問題があるというのはどういう意味だね。そもそもこの本は本日発売じゃないのかね」
と問い詰めると、その女性店員は拙いと思ったのか
「少しお待ち下さい」と言ってレジとは反対側のバックヤードの方へ足早に向かう。

つづく


683 :マンセー名無しさん :2005/07/26(火) 14:14:48 ID:VvX4uyn3
つづき

私もその後をついて行ったが
バックヤードに1人でいた若い男性店員(店員Bとしよう)が店員Aに
「そこのどこかにあるよ」と顎で指図。
店員Bの顎の示す先には
ガムテープで封をされた使い古しのダンボールが数箱積まれていた。

私としては、当然ダンボール箱を開けて
「マンガ嫌韓流」を出してくるのだと判断したが
店員Aもバックヤードに入りドアを閉めてしまう(当然私は締め出される)。

店員AとBがドアの中で何を話し合ったのかは知らないが
暫くして出てきた店員A はレジの方に戻りながら「やはりお取り寄せを」と言い出した
そこで怒気を含んだ声で再度
「どういうことなんだ、そこにあるんだろう」と詰め寄ろうとしたら
「少しお待ち下さい」と言って今度はレジの奥にある事務所に走っていった。

すると間もなく小柄で真面目そうな男性店員(店員Cとしよう)が
事務所から飛び出してきて、一目散にバックヤードに駆けてゆく。
店員Bも続いて出てきて、「もう少々お待ち下さい」とのこと。
私が「今飛び出していった人がいるが、あの人が担当者かい」と尋ねると
「いいえ、あのものは正社員ですが担当者ということではありません」とのお返事。

つづく


684 :マンセー名無しさん :2005/07/26(火) 14:15:20 ID:VvX4uyn3
最後

待つまでもなく店員Cが「マンガ嫌韓流」を2冊手にして駆け戻って
「この本で宜しいでしょうか。申し訳ありません、本当はやってはいけないことなんですが・・」と謝罪しながら本を手渡す。
「やってはいけないこと」の意味が
担当者が勝手に内容に問題ありとして返本してしまうことなのか
それとも返本と決まった本を売ることなのかは分からないが・・・。

折角2冊持ってきてくれたので、私が「2冊とも買おうか」と言うと
「いえ、結構です、本当に申し訳ありませんでした」と再度店員Cが謝罪。

正直、「一体この本の何処が問題なのかキチンと説明しろ」と詰め寄ろうとか
「この顛末をネットで公表して欲しくないなら、一番目立つところに平積みにしろ」
と要求しようとは考えなかった、というと嘘になる
(これが有名な「フォースの韓国面なのか?」)

が、それでは総連や民団と同じだよな・・・
と思いなおしてにこやかに代金を払って退散した。

それは兎に角、ブックファーストが
「煩い客をうまくあしらった」と考えてそのまま返本処理をするのか
「内容に問題がある」として焚書しようとしたことを反省してキチンと販売するのか
どちらの道を選択するのかに非常に関心がある。

明日にもでももう一度ブックファースト銀座コア店を覗いてみよう。
ご要望があれば、その結果を諸兄ご報告することも吝かではない。

720 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 本日のレス 投稿日:2005/07/26(火) 13:35:41 l5j2m2+e
ブックファースト銀座コア店
伝統と新しい文化が融合したオシャレで粋な日本の中心地「銀座」にふさわしく、
上質で居心地の良い書店です。雑誌・新刊から専門書まで豊富に取り揃え、
さらにアートや児童書にいたるまで「こだわり」の品揃えです。
場所 : 銀座4丁目交差点 銀座コア6階
TEL : 03-3573-8889
営業時間 : AM10:00~PM10:00
休業日 : 不定休(年6日)

http://www.book1st.net/shop/bt07.html



店舗案内
スポンサーサイト
  1. 2005/07/27(水) 09:24:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水曜日に、民主党のプロジェクトチームが人権侵害被害救済法案を今国会に提出するかどうか協議して決定するらしい。 | ホーム | 人権擁護法案]「やはり一から作り直すべきだ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wilosn.blog15.fc2.com/tb.php/109-e359e661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。